ゼロからはじめる資産運用

資産運用をゼロからはじめる方へ情報を発信しています

LINEスマート投資(ワンコイン投資)は儲かる?儲からない?儲け方を分かりやすく解説

【☆おすすめの資産運用サービス☆】

【1】PayPay証券の詳細ページはこちらから

【2】LINE証券の詳細ページはこちらから

【3】LINEスマート投資(ワンコイン投資)の詳細ページ

f:id:zero_requiem21:20201209024112j:plain

LINEスマート投資(ワンコイン投資)って手軽にできるけど、そもそも儲かるの? 儲け方に必要な考え方や方法を知りたい。

そんなことで悩んではいないでしょうか。

LINEスマート投資(ワンコイン投資)では、毎週積み立てていくワンコイン投資と、1つのジャンルで複数の企業に分散投資するテーマ投資ができます。

この記事では、LINEスマート投資(ワンコイン投資)は儲かる?儲からない?その儲け方についてまとめてみました。

LINEスマート投資(ワンコイン投資)は儲かる?儲からない?儲け方を分かりやすく解説

LINEスマート投資(ワンコイン投資)は儲かる?

LINEスマート投資(ワンコイン投資)のワンコイン投資は儲かるのでしょうか?

LINEスマート投資(ワンコイン投資)のワンコイン投資は、アメリカのETF(上場投資信託)に投資していますのでハイリスク・ハイリターンのイメージをお持ちかもしれません。

ですが、ポートフォリオを調べてみると「ローリスクローリターン」型の堅実な構成であることに気づきます。

つまり、LINEスマート投資(ワンコイン投資)のワンコイン投資では「儲かる?かもしれないが、大儲けを狙うものではない」ということを知っておきましょう。

ポートフォリオは、債券が6割近くを占め、株式やコモディティが3割強です。

なので、大きく儲かるポートフォリオではありませんね。

LINEスマート投資(ワンコイン投資)のワンコイン投資は大きく儲かることは目指していないといえるでしょう。

LINEスマート投資(ワンコイン投資)は儲からない?

では、LINEスマート投資(ワンコイン投資)のワンコイン投資は儲からない?と言い切って大丈夫でしょうか。

確かに、LINEスマート投資(ワンコイン投資)は、他のロボアド投資と比較すると儲からないように見えるかもしれません。

それは、LINEスマート投資(ワンコイン投資)がかなり手堅いポートフォリオを組んでいるからです。

他のロボアド投資だと一番ローリスクローリターンのリスク許容度1〜2が、LINEスマート投資(ワンコイン投資)のポートフォリオだと考えればよいです。

想定利回りはおそらく「3%」程度でしょう。 ここで気になるのが、LINEスマート投資(ワンコイン投資)の運用手数料が「1%」必要だということです。

運用がうまくいって「3%」の結果がでたとして、そこから手数料1%、利益に対する20%の源泉徴収が差し引かれてしまいます。

そう考えると、LINEスマート投資(ワンコイン投資)は儲からない?と考えても不思議ではありません。

しかし、銀行の定期預金や普通預金の金利を考えてみませんか?

現在、銀行の定期預金の金利は、次のとおりです。

・メガバンク: 定期 0.01%、普通 0.001%

・ネット銀行: 定期 0.02%~0.03%、普通 0.001%

仮に物価上昇率は2%と考えると、銀行に預けているだけでは少しずつ目減りしてしまいますよね。

確かに、LINEスマート投資(ワンコイン投資)のような株式やETFに投資すると投資金額がマイナスになる可能性は大いにあります。

その一方で、リターンが得られる可能性もあります。

LINEスマート投資(ワンコイン投資)が儲からない?と考える人は、比較してその点をじっくりと考えてみてください。

LINEスマート投資(ワンコイン投資)の儲け方:相場が低迷時はチャンス

相場が低迷している時はチャンスととらえて積極的にLINEスマート投資(ワンコイン投資)へ投資できる人は、儲け方がうまいといえます。

 ・相場が低迷しているときは開始のチャンス

・相場が低迷しているときは積立金額を増やすチャンス

・相場が暴落しているときには絶対に出金しない

相場が低迷しているときにLINEスマート投資(ワンコイン投資)を始めた人は、儲け方が上手な人です。

この状況で投資をするのは勇気がいることですが、逆にいえば、同じ金額でより多くのETF(上場投資信託)を購入できるチャンスがきたということです。

その後、相場が回復するだけで、資産の評価額は一気に高まります。

では次に、LINEスマート投資(ワンコイン投資)を開始したときが普通の相場または高めだったときの儲け方を説明しましょう。

ワンコイン投資はある程度中長期的に毎週積立していくものです。

どこかのタイミングで「相場が下落&暴落」するかもしれません。

長く積立していれば必ずおこるはずです。

この時に、「一時的に積み増し」してみてはいかがでしょうか。

同じ金額でより多くのETF(上場投資信託)を増やせます。

相場が落ち着けば、また元の積立金額に戻しましょう。

このほか、LINEスマート投資(ワンコイン投資)の儲け方で重要になるのが「相場と出金のタイミング」です。

まず、リーマン・ショックやコロナショックのような暴落時には、絶対に出金しないようにしてください。

儲けたいのであればここはチャンスということで積み増ししたいところです。

ですが、勇気がでないのであれば、そのまま淡々と今までどうりに積立するか、積立を一時停止にして相場の事を考えないようにしましょう。

あわてて暴落したタイミングで出金する気持ちも分からなくはないですが、最低価格で売り出すことになるので、儲け方の手段としては最悪といえるかもしれません。

LINEスマート投資(ワンコイン投資)の儲け方:出金するときは円安時

LINEスマート投資(ワンコイン投資)で出金するときは必ず「円安」のときにしてください。

逆にいうと「円高のときは絶対に出金しない」方針をもっていれば、LINEスマート投資(ワンコイン投資)の儲け方はうまくいくでしょう。

・円安にときに出金する

・円高のときには絶対に出金しない

LINEスマート投資(ワンコイン投資)は、ローリスクローリターン型の堅実なポートフォリオが特徴です。

想定利回りは3%だと、さきほどお伝えしました。

実は、1円の円高は運用利回り1%に相当することをご存知でしょうか。

LINEスマート投資(ワンコイン投資)の儲け方を考えるうえで、為替相場の影響を外すことはできません。

運用成績が3%と儲かったので出金しようとした時、1円円高であれば「実質2%」です。

もし、3円円高であれば「0%」ですし、手数料などを考えると、元本割れしてしまいます。

LINEスマート投資(ワンコイン投資)を積み立てるときは「ドルコスト平均法」で為替リスクを軽減できるのですが、出金するときは一括ですので、為替リスクを軽減できません。

LINEスマート投資(ワンコイン投資)の儲け方では「出金は円安のときにする」ことを忘れないようにしてください。

LINEスマート投資(ワンコイン投資)は儲かる?儲からない?儲け方を分かりやすく解説まとめ

LINEスマート投資(ワンコイン投資)は儲かる?儲からない?その儲け方を詳しく解説しました。

LINEスマート投資(ワンコイン投資)はローリスクローリターン型の「投資」です。

もちろん投資ですので元本割れのリスクはありますし、他のロボアド投資と比べるとリターンは低めかもしれません。

ただ、積立方法や出金のタイミングをコントロールすれば、より儲かる可能性は高まります。

LINEスマート投資(ワンコイン投資)ならではの儲け方を知っておくだけで、より儲かるようになるかもしれません。