ゼロからはじめる資産運用

資産運用をゼロからはじめる方へ情報を発信しています

LINEスマート投資(ワンコイン投資)の入金方法・入金手数料・反映時間を分かりやすく解説

【☆おすすめの資産運用サービス☆】

【1】PayPay証券の詳細ページはこちらから

【2】LINE証券の詳細ページはこちらから

【3】LINEスマート投資(ワンコイン投資)の詳細ページ

f:id:zero_requiem21:20201209024112j:plain

LINEスマート投資(ワンコイン投資)ではLINE Payが使えるのか、LINEポイントが使えるのか知りたい人は多いのではないでしょうか。

また、入金してから取引できるまでどれくらい時間がかかるのか、入金手数料がかかるのかも気になるところです。

この記事では、LINEスマート投資(ワンコイン投資)の入金方法と入金手数料、入金が完了するまでの反映時間について分かりやすく解説します。

LINEスマート投資(ワンコイン投資)の入金方法・入金手数料・反映時間を分かりやすく解説

LINEスマート投資(ワンコイン投資)の入金方法は、以下のとおりです。

・リアルタイム入金

・銀行振込

・LINE Pay

入金方法ごとに、LINEスマート投資(ワンコイン投資)の入金について詳しく説明していきましょう。

LINEスマート投資(ワンコイン投資)の入金方法・入金手数料:リアルタイム入金

LINEスマート投資(ワンコイン投資)への入金方法を「リアルタイム入金」にした場合、入金手数料は0円です。

リアルタイム入金方法ができる提携銀行は次のとおり。

・みずほ銀行、三井住友銀行、三菱UFJ、イオン、ジャパンネット

上記の銀行でインターネットバンキングの契約があれば、LINEスマート投資(ワンコイン投資)のリアルタイム入金を利用できます。

LINEスマート投資(ワンコイン投資)の口座名と提携銀行の口座名は必ず一致させなければいけません。

LINEスマート投資(ワンコイン投資)の入金方法・入金手数料:銀行振込

LINEスマート投資(ワンコイン投資)へ「銀行振込で入金」する場合、入金手数料は振り込み手続きをした銀行の所定の振込手数料がかかります。

銀行の窓口やATM、リアルタイム入金に対応していないインターネットバンキングを利用する場合は、銀行振込による入金方法をとりましょう。

この場合も、振り込み人名義とLINEスマート投資(ワンコイン投資)の口座名義が一致するようにしてください。

振込先は「銀行振込で入金ページ」に記載されていますので、確認のうえ入金方法をすすめましょう。

LINEスマート投資(ワンコイン投資)の入金方法・入金手数料:LINE Pay

LINEスマート投資(ワンコイン投資)のワンコイン投資をしたいのであれば、「LINE Pay残高」からの引き落としか「LINE Pay残高と紐付けた銀行口座」からの入金方法しかありません。

なお、ワンコイン投資をせずにテーマ投資だけするのであれば、LINE Payを使わなくても他の入金方法で大丈夫です。

入金方法をLINE Payにする場合、下記の手順が必要です。

・LINE Payのアカウントタイプを「LINE Money」にする

・LINEスマート投資(ワンコイン投資)でLINE Payを登録する

まず、LINE Payのアカウントの確認と変更の手順を説明しましょう。

LINEアプリのウォレットからLINE Payへと入り「設定」をタップします。

そこで、アカウントタイプ・利用限度額の欄が「LINE Money」になっているかを確認してください。

もし「LINE Cash」であれば、LINEスマート投資(ワンコイン投資)への送金ができません。

この場合は、LINE Payに銀行口座を登録するか、かんたん本人確認を行えば、アカウントを「LINE Money」へと変更できます。

銀行口座を登録すれば写真撮影の手間がかかりませんので、おすすめです。

LINE Payのアカウントの変更手続きが終われば、LINEスマート投資(ワンコイン投資)でLINE Payへと移りましょう。

LINEスマート投資(ワンコイン投資)でワンコイン投資を開始またはテーマ投資を購入するときに、入金方法の手順をすすめてください。

銘柄や金額を決めて入力すると「LINE Pay決済」「お支払い方法」のページへと移ります。

そこで「残高」と「銀行口座」が表示されますので、「残高」を選んでください。

残高とは、LINE Pay残高のことですので、そのまま「登録」を押しましょう。

これで、ワンコイン投資の積立やテーマ投資のお支払いがLINE Pay残高から入金されます。

なお、LINEスマート投資(ワンコイン投資)へ「LINE Pay」で入金する場合、入金手数料は0円です。

LINEスマート投資(ワンコイン投資)の入金方法:LINEポイント

LINEスマート投資(ワンコイン投資)の入金方法ではLINEポイントを直接使うことはできません。

しかし、LINE証券口座を持っている人であれば、裏技的な入金方法が使えます。

LINEポイントをLINE証券へ入金し、LINE証券からLINE Payに送金する方法です。

まず、LINE証券にログインし「入金」「LINE Payからの入金」をタップしてください。

するとLINE Pay決済画面が開きますので、そこで利用したいLINEポイント数を入力しましょう。

これでLINEポイントをLINE Payにチャージできます。

そのあとは、先程説明したLINE Payによる入金方法の手順に従えば、LINEスマート投資(ワンコイン投資)にLINEポイントを入金できます。

LINEスマート投資(ワンコイン投資)の入金方法の反映時間

LINEスマート投資(ワンコイン投資)の入金方法によって反映時間は異なります。

まず、入金方法が「リアルタイム入金」の場合、反映時間は即時です。 入金方法の手続きをすると、すぐに購入可能額に反映されます。

では次に、入金方法が「LINE Pay残高」の場合を調べてみました。

LINEスマート投資(ワンコイン投資)の公式サイトに特に記載はありませんが、基本的にLINE Payの各種サービスへの反映時間は即時です。

銀行のメンテナンス時間にかからない限り、24時間いつでもすぐの反映時間です。

そして、LINEスマート投資(ワンコイン投資)の入金方法で反映時間が一番遅いのが、「銀行振込」による入金です。

銀行間のシステムが改善されてきたので以前と比べるとかなり早くなりましたが、確認作業が入るため、入金の反映時間に少しだけタイムラグが生じます。

しかし、早ければ数分、遅ければ翌営業日には入金が反映されているはずです。

LINEスマート投資(ワンコイン投資)の入金方法によって違いはありますが、総じて反映時間は早いといえるでしょう。

LINEスマート投資(ワンコイン投資)の入金方法・入金手数料・反映時間を分かりやすく解説まとめ

LINEスマート投資(ワンコイン投資)の入金方法は、LINE Pay残高、提携銀行からのインターネットバンキング、提携外銀行からの振込の3種類です。

銀行振込以外は入金手数料が無料ですので、使いやすいでしょう。

また、リアルタイム入金とLINE Pay残高払いは即時反映ですし、銀行振込の反映時間も早まっています。

買い時を逃さず、LINEスマート投資(ワンコイン投資)で投資をしてみてください。