ゼロからはじめる資産運用

資産運用をゼロからはじめる方へ情報を発信しています

LINE証券(ライン証券)のiDeCo(イデコ)を分かりやすく解説

【☆おすすめの資産運用☆】

【1】PayPay証券の詳細ページはこちらから

【2】LINE証券の詳細ページはこちらから

【3】LINEワンコイン投資の詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200910041539j:plain

LINE証券(ライン証券)で iDeCo(イデコ)をはじめたいけれど、サービスは行っているの?

もしLINE証券(ライン証券)でiDeCo(イデコ)を始められるのなら、やり方を知りたい。 あなたは今、このようにお考えですよね。

LINE証券(ライン証券)は「いちかぶ」などたった1株を少額から買える、スマホを活用した初心者投資家向けサービスです。

いちかぶのように少額からiDeCo(イデコ)を始めたいとお考えの方は、LINE証券(ライン証券)に期待している方もいるのではないでしょうか。

ここではLINE証券(ライン証券)でiDeCo(イデコ)をはじめたいとお考えの方に向けて解説していきましょう。

LINE証券(ライン証券)のiDeCo(イデコ)を分かりやすく解説

LINE証券(ライン証券)のiDeCo(イデコ)とは「個人型確定拠出年金」と呼ばれいる、個人が任意で加入できる私的年金制度です。

iDeCo(イデコ)とは、年金の掛金を積み立てながら、加入者自身が運用することができるサービスです。

積み立て額とその運用で獲得した利益をは、60歳以降に年金給付金として受け取れることができます。

LINE証券(ライン証券)のiDeCo(イデコ)は、年金積立と資産運用を同時に行うことができる投資と貯蓄を融合させたサービスだと言えるでしょう。

LINE証券(ライン証券)はiDeCo(イデコ)のサービスを開始

2021年5月10日より、LINE証券(ライン証券)はiDeCo(イデコ)のサービスを開始しました。

LINE証券(ライン証券)のiDeCo(イデコ)に関する過去の口コミで、サービスを提供していないとお考えの方もいるでしょうが利用できます。

iDeCo(イデコ)に限らず、LINE証券(ライン証券)のようなネット証券で投資活動を行うメリットは、やはり手数料の安さでしょう。

ではLINE証券(ライン証券)のiDeCo(イデコ)には具体的にどのようなメリットがあるのでしょうか。

LINE証券(ライン証券)のiDeCo(イデコ)のメリット

LINE証券(ライン証券)のiDeCo(イデコ)におけるもっとも大きなメリットは、節税効果を受けられることです。

では具体的にLINE証券(ライン証券)のiDeCo(イデコ)のメリットについてみていきます。

LINE証券(ライン証券)のiDeCo(イデコ)のメリットは掛け金は所得控除の対象になる

LINE証券(ライン証券)のiDeCo(イデコ) で積み立た掛金は、所得控除の対象となり、課税所得額を抑えられます。

すなわちLINE証券(ライン証券)のiDeCo(イデコ)で年金を積み立てながら、住民税と所得税を軽減できるというメリットがあります。

LINE証券(ライン証券)のiDeCo(イデコ)の運用益も所得税の対象対象外になる

LINE証券(ライン証券)のiDeCo(イデコ)で獲得した運用益も、所得税や住民税の対象外になります。

たとえばLINE証券(ライン証券)の「いちかぶ」や投資信託で獲得した利益に対しては、当然、所得税や住民税は発生しますが、iDeCo(イデコ)の利益では発生しません。

老後に備えてLINE証券(ライン証券)で投資を行うのであれば、LINE証券(ライン証券)のiDeCo(イデコ)は節税効果という大きなメリットを得られます。

LINE証券(ライン証券)iDeCo(イデコ)のメリットは老後の備えを増やしながら確実に積み立てられる

LINE証券(ライン証券)のiDeCo(イデコ)のデメリットとしては、原則的に60歳までは積立金や運用益を出金できないことです。

貯蓄がなく急な出費が必要になった場合、LINE証券(ライン証券)のiDeCo(イデコ)に頼ろうと思っても、不可能です。

あくまでもiDeCo(イデコ)は老後の備えを行うための資産運用サービスですので、LINE証券(ライン証券)から出金できません。

一方、将来に備えたくても浪費ぐせがあってすぐに貯金を下ろしてしまうという方にとっては、LINE証券(ライン証券)のiDeCo(イデコ)は適しています。

iDeCo(イデコ)は確実に私的年金として積みられられるため、メリットが高いサービスと言えるでしょう。

LINE証券(ライン証券)のiDeCo(イデコ)の始め方

LINE証券(ライン証券)のiDeCo(イデコ)の始め方をみていきましょう。

まずはLINE証券(ライン証券)のiDeCo(イデコ)の画面へ検索エンジンからアクセスし、事業主の証明書をダウンロードし、勤務先で記入してもらいます。

iDeCo(イデコ)の始め方は、INE証券(ライン証券)の「オンラインで完結!加入申し込みへすすむ」から加入申込ページへ進み「これからiDeCoをお申込される方はこちら」をタップします。

新規登録画面でメールアドレスとパスワードを登録しましょう。 登録メールアドレス宛に、加入申込手続きを進めるための、URLおよびLINE証券(ライン証券)のログインに必要なパスワードが発行されます。

URLからLINE証券(ライン証券)へログインし、加入資格の診断・お客様情報の入力・本人確認書類・事業主証明書類のアップロードを行ってください。

本人確認書類は自動車運転免許証・健康保険証、「事業主証明書類」には、勤務先で発行してもらった書類を撮影し、画像をアップロードします。

流れに沿っていつかの項目の入力を完了後、LINE証券(ライン証券)の登録メールアドレスに申込受付完了メールが送信されます。

国民年金基金連合会にて審査完了後、審査結果に関するご連絡をLINE証券(ライン証券)から登録メールにて通知されるとiDeCo(イデコ)の加入は完了です。

また、加入申込の1〜2ヶ月後に郵送にて以下の書類がご自宅に送付されますので、大切に保管してください。

すでにLINE証券(ライン証券)に取引口座をお持ちの方は、iDeCo(イデコ)の始め方としてメールアドレス等の登録や本人確認書類の提出は必要ありません。

LINE証券(ライン証券)のiDeCo(イデコ)を分かりやすく解説まとめ

LINE証券(ライン証券)のiDeCo(イデコ)は野村證券が運営を行うため、信頼性の高さもメリットと言えます。

ただし国民年金基金に加入しており、月額63,000円を超える掛金を出している方は、LINE証券(ライン証券)のiDeCo(イデコ)を利用できません。

LINE証券(ライン証券)のiDeCo(イデコ)の手数料は、国民年金基金連合会へ支払うものとして加入手数料2,829円、事務取扱手数料は毎月105円、事務委託先金融機関へ支払うものとして毎月66円がかかります。

iDeCo(イデコ)は将来の備えを検討されている方におすすめの投資商品と言えるでしょう。