ゼロからはじめる資産運用

資産運用をゼロからはじめる方へ情報を発信しています

LINE証券(ライン証券)の口座開設方法・手順を分かりやすく解説

【☆おすすめの資産運用サービス☆】

【1】LINE証券の詳細ページはこちらから

【2】THEO+docomoの詳細ページはこちらから

【3】FOLIO ROBO PROの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200910041539j:plain

LINE証券(ライン証券)の口座開設方法がわからない。

口座開設方法の手順は、どのように進めたらいいの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

LINE証券(ライン証券)はスマホで1株から株式投資をはじめられるスマホ投資サービスです。

LINEアカウントさえあれば、誰でも簡単に口座開設できるという手軽さから、LINE証券(ライン証券)は初心者におすすめです。

でも口座開設なんてやったことがない、スマホの操作に不安があるなどの理由で、LINE証券(ライン証券)の登録に戸惑っている方もいるのではないでしょうか。

ここでは手順に沿って、LINE証券(ライン証券)の口座開設方法についてみていきます。

LINE証券(ライン証券)の口座開設方法・手順を分かりやすく解説

LINE証券(ライン証券)の口座開設方法の手順は、おおまかにわけると以下の3ステップです。

  • 手順1.LINE証券(ライン証券)でお客様情報を登録する
  • 手順2.LINE証券(ライン証券)で利用する携帯電話の認証を行う
  • 手順3.LINE証券(ライン証券)に本人確認情報の入力・書類提出を行う

もし現時点で、LINEアプリを利用しておらず、LINEアカウントを取得していない方は、先にLINEアカウントの取得を済ませてください。

LINEアカウントの所有を条件として、具体的な手順に沿い、LINE証券(ライン証券)の口座開設方法を解説していきましょう。

LINE証券(ライン証券)の口座開設方法 手順1.個人情報の登録

LINE証券(ライン証券)の口座開設方法のはじめの手順は、個人情報の登録を行います。

個人情報を登録する手順は、LINEアプリの「ウォレット」から「証券」を選び、「口座開設を申し込む」画面をタップしましょう。

「本人情報入力」画面が表示されるため、氏名・性別・住所・電話番号・職業・業種を記入しましょう。

ただし本人確認情報は、これから提出を行う本人確認書類の情報と一致している必要があります。

LINE証券(ライン証券)の口座開設方法 手順2.携帯電話番号の認証

LINE証券(ライン証券)で個人情報の登録を完了すると、次の手順として携帯電話番号の認証へ進みます。

手順1で記入した電話番号にLINE証券(ライン証券)から6桁の認証コードが送信されるため、SMSでコードを取得したら、LINE証券(ライン証券)の項目に記入してください。

もし認証コードを受信できない場合は、「再送信」をタップして、コードの取得を試みましょう。

認証コードの取得は最大3回までチャレンジでき、もしSMSの認証コードの取得ができない場合は、自動的に自動音声認証に変更されるため指示に沿って進めてください。

LINE証券(ライン証券)の口座開設方法 手順3.本人確認書類の登録

LINE証券(ライン証券)の口座開設方法の次の手順は、本人確認書類の提出による登録です。

本人確認方法は、スマホカメラによって撮影・提出を行いネット手続きだけでスピーディに完結する「かんたん本人確認」がおすすめです。

マストの書類は個人番号カード(カラー写真付きマイナンバーカード)か運転免許証で、運転免許証の場合は、さらにいずれかの書類が必要です。

  • マイナンバー通知カード
  • マイナンバー記載の住民票の写し

書類の提出方法は、LINE証券(ライン証券)が表示するシステムの手順に沿って撮影・提出を行うだけです。

かんたん本人確認で失敗する場合や、マイナンバーカードや運転免許証をお持ちでない方は、「簡易書留受け取り」を選択することも可能です。

簡易書留受取の場合は、上述のかんたん本人確認書類のほか、以下の本人確認書類にも対応しています。

  • マイナンバー記載の住民票の写し+運転免許証
  • マイナンバー記載の住民票の写し+健康保険証

LINE証券(ライン証券)の口座開設方法 手順4.暗証番号の設定

最後、LINE証券(ライン証券)の口座開設方法の手順として6桁の暗証番号の設定を行いましょう。

今後利用することになるため、忘れないように大切に保管してください。

ここまで手続きが完了すると、LINE証券(ライン証券)の審査に入ります。

かんたん本人確認の場合は最短当日、簡易書留受取の場合は最短4営業日で承認がおります。

かんたん本人確認は公式LINEアカウントで届きますが、簡易書留は郵便はがきの受取が必要ですので少々時間がかかってしまうと心得ておきましょう。

LINE証券(ライン証券)の口座開設方法における注意点

LINE証券(ライン証券)の口座開設方法は、画面の手順に沿って手続きを進めるだけです。

ただし注意点を守り、手順に沿って手続きを進めなければ、LINE証券(ライン証券)の口座開設の手続きに失敗する方もいます。

LINE証券(ライン証券)の口座開設方法で失敗するケースの1つ目は、最新のLINEアプリをインストールしていない方です。

スマホの機種が古すぎてしまうと、最新バージョンのLINEアプリをインストールできないため、口座開設方法を進めることができません。

LINE証券(ライン証券)はスマホとタブレット限定のサービスですので、PCでは口座開設できないためご注意ください。

口座開設方法で失敗するケースの2つ目は、LINEアプリの登録をFaceBookアカウントで済ませていて電話番号認証を完了していない方、または日本以外の電話番号で登録している方です。

LINE証券(ライン証券)において電話番号認証は必須項目であるため、もしLINEアプリで認証を完了していない場合は、LINE証券(ライン証券)でも登録することはできません。

口座開設で失敗するケースの3つ目は、何らかの原因によりカメラが正常に起動しないことにより、LINE証券(ライン証券)でかんたん本人確認を手順に沿って進めることができないケースです。

このようなケースは、郵送による本人確認にも対応しているため、ご利用ください。

LINE証券(ライン証券)の口座開設はキャンペーン特典つき

LINE証券(ライン証券)では不定期に口座開設キャンペーンを開催しています。

口座開設キャンペーンでは、無料で株を受け取れる、LINEポイントがもらえるなど、時期に応じた特典を受け取ることができます。

無料で受け取った株はさっそく投資できるため、まずは無料でLINE証券(ライン証券)を試してみたいという方に最適と言えるでしょう。

LINE証券(ライン証券)の口座開設方法・手順を分かりやすく解説

LINE証券(ライン証券)の口座開設方法と手順について解説しました。

口座開設方法はいくつかの手順にわかれていますが、手続きの都度、画面に手順が表示されるため迷わずに手続きすることができるでしょう。

スマホでスマートに投資を始められるLINE証券(ライン証券)はキャンペーンも開催しているため、お得に試してみたいという方にも適しています。