ゼロからはじめる資産運用

資産運用をゼロからはじめる方へ情報を発信しています

ネオモバFXの自動売買(EA)を分かりやすく解説

【☆余ったLINEポイントで株式投資が出来る☆】

>>LINE証券の詳細ページはこちらから☆

LINE証券

【☆余ったLINEポイントで株式投資が出来る☆】

>>LINE証券の詳細ページはこちらから☆

LINE証券

【☆余ったLINEポイントで株式投資が出来る☆】

>>LINE証券の詳細ページはこちらから☆

LINE証券

f:id:zero_requiem21:20210310110220j:plain

ネオモバFXはTポイントを使って少額から取り引きできることが大きな特徴の取引所です。

そんなネオモバFXで自動売買(EA)ができないだろうかとお考えの人もいるのではないでしょうか。

しかし、そもそもネオモバFXで自動売買(EA)はできるのでしょうか。

また仮にできないとしたら、代わりにどのような方法で自動売買(EA)を実現できるのでしょうか。

そこで今回はネオモバFXの自動売買(EA)について分かりやすく解説していきます。

ネオモバFXの自動売買(EA)を分かりやすく解説

ネオモバFXで自動売買(EA)はできない

ネオモバFXでは自動売買(EA)はできません。

一般的な自動売買はEA(エキスパート・アドバイザー)と呼ばれるツールを使っておこなわれます。

そして、そのEAはMT4またはMT5と呼ばれる取引プラットフォームに搭載されている機能です。

しかし、ネオモバFXは独自の取引プラットフォームを採用しているため、MT4もMT5も利用できません。

したがって、自動売買(EA)も物理的に不可能です。

また、加えて言えばネオモバFXは利用規約上でも自動売買(EA)を禁止しています。

物理的にもルール的にもネオモバFXでは自動売買(EA)はできないと考えておきましょう。

ネオモバFXで自動売買(EA)はできないけれどネオモバでは自動売買自体は可能

ネオモバFXでは自動売買(EA)は不可能です。

一方で、FXではないサービスであるネオモバならば自動売買自体は可能です。

ただし、それはEAを使った自動売買ではありません。

ネオモバでできる自動売買はWealthNaviと連携した自動売買です。

WealthNaviはAIに投資をおまかせするロボアドバイザーサービス。

運用方針を決めてしまえばあとは半自動で売買可能です。

ただ、ネオモバFXとは違い投資対象はFXではありませんし、レバレッジ取引もできません。 ネオモバであれば自動売買は可能です。

しかし、それもEAを使った自動売買(EA)とはまったく異なるものと考えておきましょう。

ネオモバFX以外で自動売買(EA)をするやり方

ネオモバFXでは自動売買(EA)はできません。

それならばネオモバFX以外で自動売買(EA)をしようと考える人もいるかもしれません。

そこでここでは仮にネオモバFX以外で自動売買(EA)をする場合のやり方を簡単に紹介しておきます。

ネオモバFX以外で自動売買(EA)をする際に必要になるものは以下のとおりです。

・MT4またはMT5

・VPS

・MQLの知識

まず、MT4とMT5についてはとくに大きな問題はありません。

MT4/MT5は誰でも無料で簡単に入手可能です。

ただ、そのほかの2つについてはお世辞にもハードルが低いとはいえません。

まずVPSです。 VPSはバーチャル・プライベート・サーバーの略称。

ざっくりいうと外部に高機能なPCを借りるようなイメージのサービスです。

通常は月額1,000円程度~数千円の費用がかかります。

そして、ネオモバFX以外で自動売買(EA)をする際は、このVPSを自宅のPCで遠隔操作してMT4/MT5をVPSへインストールしなければなりません。

そのうえでMT4/MT5上でMQLと呼ばれるプログラミング言語を駆使して自動売買プログラムを走らせる必要があります。

VPSへMT4/MT5をインストールして自動売買プログラムを走らせる。

言葉にすると簡単ですが、言うは易く行うは難しです。

あまりリモートでPCを操作したことのない人はかなりの手間がかかってしまうことでしょう。

このように、仮にネオモバFX以外で自動売買(EA)をするにしても決して簡単にはいきません。

おそらくネオモバFXを使おうという人はあまりFXの経験もないかと思います。

そして、そもそもそういった人は自動売買(EA)に手を出すのはおすすめではありません。

なぜなら、自動売買(EA)プログラムの有効性を判断するにしてもやはりFXの経験が必要になってくるからです。

基本的にFX初心者の人はいきなり自動売買(EA)をしようとは思わず、まずは手動での裁量トレードで経験を積むことをおすすめします。

ネオモバFXは自動売買(EA)ではなく少額での裁量トレードがおすすめ

ネオモバFXは自動売買(EA)ができません。 また、仮に自動売買(EA)ができたとしても、そもそも取引環境が自動売買(EA)向きではありません。

ネオモバFXの大きなメリットはTポイントを使って少額から取り引きできること。

そして、少額の取り引きの場合の取引コストが極めて安いことです。

ネオモバFXでは取引量に応じて取引コスト(スプレッド)が広くなる従量制のスプレッドを採用しています。

そして、少額の取引量でのコストに関してはかなり有利な条件です。

一方で、自動売買(EA)の特徴は24時間365日休みなくトレードができること。

すると自然と取引回数も多くなり、取引額も高額になっていきます。

したがって、自動売買(EA)をするとネオモバFXを使うメリットも薄れてしまうのです。

こういったネオモバFXの取引条件を考えると、やはりネオモバFXはそもそも自動売買(EA)向きではないと考えられるのです。

ネオモバFX以外での自動売買(EA)も基本的にはあまりおすすめではない

ネオモバFXで自動売買(EA)ができないのであれば、どんなハードルを超えてでも他社で自動売買(EA)をしようという人もいるかもしれません。

しかし、基本的にはあまり自動売買(EA)自体がおすすめできません。

個人的には、あえてネオモバFX以外を使ってまで自動売買(EA)をする必要はないと思われます。

そもそも、FXは取り引きの相手方のいるゼロサムだからです。 誰かが勝てば代わりに誰かが負けています。

そのような環境下において自動売買(EA)で安定して勝てるとはとうてい思えないからです。

もちろん、短期的には有効な場面もあるでしょうが、基本的に永続性・再現性のあるものではないため、定期的なロジックの見直しなどは必須となるはずです。

そういったことを考えても、やはり自分でストラテジーを組める人以外は自動売買(EA)には手を出さないほうが良いと思えるのです。

ネオモバFXを使おうという人の多くはFX初心者かと思います。

そのような人はやはり基本的には手動での裁量トレードを中心とすることをおすすめします。

ネオモバFXの自動売買(EA)を分かりやすく解説 まとめ

ネオモバFXでは自動売買(EA)はできません。

物理的にも不可能ですし、利用規約上も自動売買(EA)は禁止されています。

また、ネオモバFX以外で自動売買(EA)をするにしてもVPSの用意やMQLの知識などハードルは低くありません。

さらに自動売買(EA)の有効性を判断するにしてもFXの経験が必要になってきます。

ネオモバFXを使おうという人の多くはあまりFXに慣れていないものと思います。

そういった人はやはり自動売買(EA)ではなく、まずは手動での裁量トレードで経験を積むことをおすすめします。