ゼロからはじめる資産運用

資産運用をゼロからはじめる方へ情報を発信しています

ネオモバFXのレバレッジ取引を分かりやすく解説

【☆おすすめの資産運用サービス☆】

【1】PayPay証券の詳細ページはこちらから

【2】LINE証券の詳細ページはこちらから

【3】LINEスマート投資(ワンコイン投資)の詳細ページ

f:id:zero_requiem21:20210310110220j:plain

ネオモバFXはTポイントを使って少額から取り引きできることが大きな特徴のFX取引所です。

また、ネット証券大手のSBIグループであることも人気を博しています。

そんなネオモバFXのもうひとつの特徴は最大25倍のレバレッジ取引ができることです。

しかし、投資初心者の人のなかにはそもそもレバレッジ取引がどういったものかよく分からないという人もいるのではないでしょうか。

そこで今回はネオモバFXのレバレッジ取引について分かりやすく解説していきます。

ネオモバFXのレバレッジ取引を分かりやすく解説

ネオモバFXのレバレッジ取引とは

ネオモバFXのレバレッジ取引とは、口座の残高を担保として実際の資金では本来まかなえないほど大きな取り引きができる取引形態です。

たとえば、ネオモバFXの口座残高に1万円がある状態で25倍のレバレッジ取引をすると、25万円分の通貨ペアを売買することができます。

レバレッジとは日本語でいうと「テコ」。

小さな力でも大きな物を動かせる「テコの原理」のテコです。

ネオモバFXのレバレッジ取引はまさにテコの原理のように「少額の資金で大きな取り引きができるようになる」取引形態というわけです。

ちなみに、ここで株式投資の経験がある人は信用取引をイメージするかもしれません。

しかし、信用取引とネオモバFXのレバレッジ取引はまったく異なるものです。

詳細な解説は控えますが、信用取引では実物資産のやり取りがあるのに対してレバレッジ取引にはそのような現物の受け渡しは存在しません。

ネオモバFXのレバレッジ取引でやり取りされるのは「決済の結果として生じた損益」だけです。

こうしたことからネオモバFXのレバレッジ取引には日歩・逆日歩(株券の賃借料)は発生しませんし決済期限もありません。

ネオモバFXのレバレッジ取引のやり方

ネオモバFXでレバレッジ取引をするためになんらかの設定や特別な手続きは不要です。

本来は口座の残高では取り引きできないサイズの注文をすれば自動的にレバレッジ取引となります。

たとえば、先の例で言えば1万円の残高で25万円分の注文を入れれば自動的に25倍のレバレッジ取引とみなされます。

しかし、これは逆に言うと倍率を指定したレバレッジ取引はできないということです。

そのため、ネオモバFXでレバレッジ取引の倍率を変更するには取引サイズと口座残高を調整するしかありません。

ただ、こういったレバレッジ取引のやり方はネオモバFXだけではなく、大半のFX取引所でほぼ同じです。

はじめは戸惑うかも知れませんが早めに慣れてしまいましょう。

ネオモバFXのレバレッジ取引のメリット

ネオモバFXでレバレッジ取引をするメリットは少額の資金でも大きなリターンを狙えることです。

先程は口座残高1万円の例を見ましたが、実際にはもう少し大きな資金を動かす人も少なくないでしょう。

そこで仮にネオモバFXの口座に10万円ある状態でレバレッジ取引をした場合のケースも見てみましょう。

10万円に25倍のレバレッジをすると取引サイズは実に250万円です。

そこから一ヶ月で為替レートに5%の値動きがあったとします。

たとえば、USD/JPYを買っていたとすれば1USD=100円が1USD=105円になるようなケースです。

すると単純に利益は250万円×5%-10万円=25,000です。

10万円の原資に対して実に25%のリターンです。

かなりの利回りといってよいでしょう。

もっとも、決して非現実的とまでは言えないものの、これはやや楽観的な想定です。

ネオモバFXのレバレッジ取引は必ず儲かる打ち出の小槌のようなものではありません。

くれぐれも、ネオモバFXならば簡単に儲かるとは勘違いしないようにしましょう。

ネオモバFXのレバレッジ取引のデメリット

ネオモバFXのレバレッジ取引のデメリットは、期待リターンと同程度に損失も大きくなりがちなことです。

ネオモバFXの最大レバレッジは25倍。

シンプルに損失もレバレッジ取引をしなかった場合の25倍に膨らみます。

ただ、実際にはネオモバFXのレバレッジ取引でそこまでの損失を出してしまうケースはまれです。

ネオモバFXのレバレッジ取引には「ロスカット」と呼ばれる救済システムがあるからです。

ロスカットは担保としての口座残高が不足した場合に自動的に保有ポジションを強制的に決済してしまうシステム。

これにより、損失は原則的に一定範囲内におさまります。

ただし、ロスカットといえども万能ではありません。

場合によってはロスカットが間に合わず、口座残高以上の損失を出してしまう可能性もゼロではありません。

その場合は不足した残高分を追加でネオモバFXの口座へと入金する必要が生じます。

そうそう起こることではありませんが、ネオモバFXのレバレッジ取引にはそういったリスクもあることは承知しておきましょう。

ネオモバFXのレバレッジ取引のリスク

ネオモバFXのレバレッジ取引で借金を作ってしまうようなリスクはどれほどあるのでしょうか。

結論からいうと、レバレッジ取引の内容次第です。

とはいえ、基本的には借金のリスクはほとんどありません。

仮に最大倍率25倍のレバレッジ取引をしていたとしても、先に解説したようにロスカットによって原則的に損失は一定範囲内におさまります。

倍率をおさえたレバレッジ取引にしておけばそのリスクはさらに低くなります。

先ほどは「ネオモバFXのレバレッジ取引には借金のリスクがある」と少しばかり煽るような解説になってしまいましたが、よほど無謀な取り引きさえしなければそのようなリスクはほぼないと考えて差し支えありません。

ただ、ネオモバFXにかぎらず投資の世界ではリスクとリターンは表裏一体の関係です。

元本割れのリスクをおさえて、純粋な資産運用としてネオモバFXを使いたい人はあまりレバレッジ取引にはこだわらないほうがよいかもしれません。

もともと外国為替は数ある金融商品のなかでも値動きが激しい部類に入ります。

Tポイントを使って積立投資のようにネオモバFXを使うのであれば、あえてレバレッジ取引はせずに倍率1倍でコツコツと投資していくのもよいでしょう。

ネオモバFXのレバレッジ取引を分かりやすく解説 まとめ

ネオモバFXのレバレッジ取引は口座の残高を担保とすることで本来は不可能なほど大きな取り引きをする取引形態です。

レバレッジ取引をすれば少額の資金でも大きなリターンを狙えるというメリットがあります。

ただ反面、リターンと同じ程度に損失も大きくなりがちであることがデメリットです。

もっとも、ネオモバFXのレバレッジ取引にはロスカットと呼ばれる自動的な強制決済システムがあります。

そのため、リスクについてはある程度おされられます。

とはいえ、ネオモバFXのレバレッジ取引が比較的ハイリスク・ハイリターンな取引形態であることは事実です。

リスクをおさえて資産運用をしたい人は、あえてレバレッジ取引はせずにネオモバFXを使うというのもよいかもしれません。