ゼロからはじめる資産運用

資産運用をゼロからはじめる方へ情報を発信しています

ネオモバFXの取引時間(営業時間)を分かりやすく解説

【☆おすすめの資産運用☆】

【1】PayPay証券の詳細ページはこちらから

【2】LINE証券の詳細ページはこちらから

【3】LINEワンコイン投資の詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20210310110220j:plain

ネオモバFXはTポイントを使って少額から取り引きできることが特徴のFX取引所です。

そんなネオモバFXは24時間いつでも取り引きできると聞いたことのある人も多いのではないでしょうか。

しかし、本当にネオモバFXの取引時間(営業時間)は24時間なのでしょうか。

祝日や土日などはどのようになっているのでしょうか。

そこで今回はネオモバFXの取引時間(営業時間)について分かりやすく解説していきます。

ネオモバFXの取引時間(営業時間)を分かりやすく解説

ネオモバFXの取引時間(営業時間)は月曜早朝から土曜日早朝まで

ネオモバFXの取引時間(営業時間)は月曜日07時00分~土曜日06時30分までです。

ネオモバFXはほぼ24時間いつでも取引可能と謳っていますが、それは平日にかぎります。

土日の日中は取引時間(営業時間)外です。

しかし、なぜ月曜日早朝から土曜日の早朝までといった中途半端な時間帯が取引時間(営業時間)になっているのでしょうか。

普通に月曜日の午前0時~土曜日の午前0時までを取引時間(営業時間)としたほうがよほど分かりやすいというものです。

それは日本時間が基準となっていないからです。

FXのような外国為替は世界中の証券取引所で取り引きされています。

そして、取引時間(営業時間)については一般的にニューヨーク証券取引所がひとつの基準となっています。

そのため、ニューヨーク証券取引所が週末にクローズする土曜日早朝までがネオモバFXでも最終取引時間(営業時間)となっているのです。

こういった取引時間(営業時間)の考え方はネオモバFXにかぎらず、大半の取引所で同様です。

仮に他社を使う場合でも応用できるので、これを機会に慣れてしまいましょう。

ネオモバFXの取引時間(営業時間)はサマータイムに注意

ネオモバFXの取引時間(営業時間)はサマータイム期間中は1時間前倒しされます。

日本ではサマータイムはあまり馴染みがありませんが、FXは世界中で取り引きされる商品です。

それゆえサマータイムも通常どおり適用されます。

ネオモバFXでは「3月の第2日曜日~11月の第1日曜日まで」がサマータイムです。

この期間中は取引時間(営業時間)も「月曜日の07時00分~土曜日の05時30分まで」に短縮されるので注意しておきましょう。

なお、ここでたったの1時間と思われる人もいるかもしれません。

しかし、比較的値動きの激しいFXではほんの1時間の差が明暗を分ける局面も珍しくありません。

また、日中お勤めの人にとって朝の1時間、取引時間(営業時間)が増えるというのは大きなメリットです。

たったの1時間とあなどらず、ネオモバFXがサマータイムに入るタイミングには注意しておきましょう。

ネオモバFXの取引時間(営業時間)は定期メンテナンスにも要注意

ネオモバFXはまだサービス開始からそれほど時間の経っていないアプリです。

それゆえか、定期メンテナンスも他社にくらべると頻繁におこなわれています。

当然ながらメンテナンス中は取引時間(営業時間)外です。

基本的に平日24時間の取引時間(営業時間)ですが、下記のメンテナンス時間については取り引きできないので注意しておきましょう。

※ ネオモバFX公式サイトより引用

また、ネオモバFXは臨時メンテナンスについても若干多めな印象です。

早朝などはとくに臨時メンテナンスが多発しやすいように思えます。

深夜早朝のトレードについてはとくに注意を払っておくとよいかもしれません。

ネオモバFXの取引時間(営業時間)は海外の祝日にも注意が必要

ネオモバFXの取引時間(営業時間)は海外の祝日にも要注意です。

ネオモバFXは日本の祝日については基本的になんの影響も受けません。

日本で祝日が続こうとネオモバFXの取引時間(営業時間)は通常営業です。

※ ネオモバFX公式サイトより引用

一方で、海外の祝日はネオモバFXの取引時間(営業時間)とは無関係ではありません。

代表的なものとしてはクリスマスが挙げられます。

クリスマスは日本では単なる平日ですが、海外の多くでは祝日です。

そのため、ネオモバFXでもクリスマスの取引時間(営業時間)は短縮されるのです。

※ ネオモバFX公式サイトより引用

また、ネオモバFXではとくに公言されていませんが、他社の場合では他の海外の祝日も取引時間(営業時間)に影響してきます。

レイバーデイや死者の日などFXマーケットに影響する海外の祝日は多数あります。

取引時間(営業時間)に影響せずともマーケットの動きは平日とは異なってきます。

仮にネオモバFXの取引時間(営業時間)に変更がなくとも海外の祝日には注意しておきましょう。

ネオモバFXの取引時間(営業時間)とスワップポイントの関係

ネオモバFXには「日をまたいで」ポジションを保有していると発生するスワップポイントというものがあります。

スワップポイントはプラスの値をとることもあればマイナスとなることもあります。

そして、この「日をまたぐ」取引時間(営業時間)は日本時間の午前0時ではなくネオモバFXの定期メンテナンス時間を基準とします。

この定期メンテナンス時間をまたいでポジションを保有することで、その日のスワップポイントが確定します。

また、ネオモバFXのスワップポイントは実際にはその日の2営業日後に引き渡されます。

したがって、2営業日後が土日などの取引時間(営業時間)外の場合、その分はまえもってまとめて付与されます。

年末年始など取引時間(営業時間)外が続く日の前はスワップポイントもかなり大きくなるので、その点にも注意しておきましょう。

ネオモバFXの取引時間(営業時間)【カスタマーセンター】

ネオモバFXの取引時間は平日24時間ですが、カスタマーセンターの営業時間は日中だけです。

24時間対応の自動応答システムへの問い合わせはいつでもできますが、オペレーターによる対人での問い合わせは平日の「08時30分~17時00分」までしか対応してもらえません。

平日の日中お勤めの人などは中々対人で対応してもらえないのでご注意ください。

ネオモバFXの取引時間(営業時間)を分かりやすく解説 まとめ

ネオモバFXの取引時間(営業時間)は月曜日の早朝から土曜日の早朝までです。

FXは平日24時間取り引きできると一般的に言われていますが、より正確には土曜日の早朝まで取引可能です。

また、ネオモバFXにかぎらず、多くの取引所では海外の祝日には取引時間(営業時間)の変更がおこなわれます。

逆に日本の祝日はほとんど取引時間(営業時間)には影響してきません。

大型連休の代表格であるGWでもネオモバFXは通常営業です。

このあたりのFXの取引時間(営業時間)はほかの金融商品にくらべるとやや特殊です。

とはいえ、ネオモバFXを使っていくにあたっては避けては通れない考え方です。

始めは戸惑うかもしれませんが、早めに慣れてしまいましょう。