ゼロからはじめる資産運用

資産運用をゼロからはじめる方へ情報を発信しています

ネオモバFXの税金の計算方法と確定申告を分かりやすく解説

【☆おすすめの資産運用サービス☆】

【1】PayPay証券の詳細ページはこちらから

【2】LINE証券の詳細ページはこちらから

【3】LINEスマート投資(ワンコイン投資)の詳細ページ

f:id:zero_requiem21:20210310110220j:plain

ネオモバFXはTポイントを使って少額で取り引きできることが特徴のFX取引所です。

そんなネオモバFXで順料に利益を出すと気になるのが税金と確定申告ではないでしょうか。

しかし、一般的な会社員人などは確定申告をする機会も少ないもの。

具体的な税金の計算方法がよく分からないという人も多いのではないでしょうか。

そこで今回はネオモバFXの税金の計算方法と確定申告について分かりやすく解説していきます。

ネオモバFXの税金の計算方法と確定申告を分かりやすく解説

ネオモバFXの税金の計算方法と確定申告の要否

ネオモバFXの税金の計算方法は申告分離課税です。

この申告分離課税についてはのちほど詳しく解説していきます。

そして、ネオモバFXの利益については確定申告は原則的に必須です。

例外は以下の場合です。

・給与所得があって年間の雑所得が20万円以下

・給与所得がなく、年間の雑所得が48万円以下

「雑所得」にはネオモバFXの利益以外のものも含まれます。

たとえば、会社員の人がフリマアプリなどで年間20万円の所得があれば、それだけで確定申告が必要になります。

その際はネオモバFXの利益も合算して確定申告しなければなりません。

仮にネオモバFXの利益が20万円以下だとしても、それで税金を支払わなくていよいわけではありませんので注意しておきましょう。

ネオモバFXとネオモバの税金の計算方法と確定申告の違い

ネオモバFXの利益は原則的に確定申告が必須です。

その際の税金の計算方法は申告分離課税です。

一方で、FXではなく株式などへ投資する「ネオモバ」については条件付きで確定申告は不要です。

口座分類で特定口座(源泉徴収あり)を選んでいる場合、税金は利益から天引き(源泉徴収)されるからです。

このような税金の扱いを「申告分離課税」に対して「源泉分離課税」と呼びます。

ネオモバFXとネオモバを同時に使っている人はこういった税金の計算方法と確定申告の有無の違いには注意しておきましょう。

ネオモバFXの税金の計算方法と確定申告のやり方【会社員の方】

ネオモバFXの税金の計算方法は申告分離課税です。

申告分離課税の「申告」の部分は確定申告が必要であることを意味します。

そして、「分離」とはネオモバFXの利益が他の所得とは「分離」して税金が計算されることを意味します。

ここで、ネオモバFXの利益と他の雑所得はまとめて「確定申告の要否」の判断基準になっていたのでは、と思われる人もいるかもしれません。

たしかにそのとおりなのですが、それはあくまでも「確定申告の要否」のみ。

具体的な税金の計算方法については分離されます。

ネオモバFXの利益にかかる税金は一律で20.315%。

対して、それ以外の雑所得は通常の税金と同じく所得が上がるほど税率も上がる累進課税です。

したがって、会社員の人がネオモバFXの利益を確定申告する際は、ネオモバFXの利益について「だけ」20.315%の税率をかけることになります。

その他の給与にかかる部分の税金は毎月の給与からすでに源泉徴収されていますので、確定申告時にあらためて納税する必要はありません。

(※ 申告書類に記載は必要)

給与にかかる税金は源泉徴収で前払い済み、対してネオモバFXの税金は確定申告で後払いであるため、こういった違いが生じているのです。

少しややこしいですが、これはもう決まりごとと覚えてしまいましょう。

ネオモバFXの税金の計算方法と確定申告のやり方【会社員以外の方】

会社員以外の人がネオモバFXの税金を確定申告するやり方もそれほど難しくありません。

シンプルにネオモバFXの利益に20.315%の税率をかけて、それ以外の雑所得は累進課税で税金を計算すればよいのです。

給与所得とは違い雑所得の部分が源泉徴収されていないので少し勝手が違いますが、基本は給与所得者とそれほど変わりありません。

ただし、この場合はネオモバFXの利益部分以外の税金もすべて後払いです。

そのため、確定申告時にはすべての所得部分にかかる税金を収めることになります。

年間の所得にもよりますが、まとまった資金が必要になってくることと思います。

この時点で手元にお金がないと税金が支払えないということもありえます。

ネオモバFXで得た利益の一部はのちほど税金で失われると覚悟して、ある程度は持ち合わせを確保しておくようにしましょう。

ネオモバFXの税金の計算方法と確定申告【損失分の取り扱い】

ネオモバFXの利益については税金がかかるため確定申告が原則的に必須です。

では、損失しか出ていない場合は確定申告をする必要はあるのでしょうか。

結論からいうと、確定申告は不要です。 ただ、ネオモバFXで出してしまった損失は確定申告することで、翌年度以降の確定申告で利益から相殺可能です。

税金の計算方法は多少面倒になりますが、一方で確実に節税できるという大きなメリットがあります。

残念ながら損失を出してしまった人も、先々を見据えてできれば確定申告しておくことをおすすめします。

ネオモバFXの税金の計算方法と確定申告の注意点

ネオモバFXの税金の計算方法は申告分離課税です。

これは他の所得とネオモバFXの利益が分離されて税金が計算されることを意味します。

しかし、もしネオモバFX以外のFX取引所も併用していた場合、その取引所の利益までは分離されません。

その所得とネオモバFXの利益は合算されて「申告分離課税」で税金が計算されますので注意しておきましょう。

そして、申告分離課税の場合は自分自身で税金の金額を計算する必要があります。

そのため他社の取引報告書とネオモバFXの取引報告書を照らし合わせて確定申告の書類を作らなければなりません。

その段になってあわてて書類を取り寄せるようなことにならないように、確定申告が必要な人はできるだけ早めに準備しておくようにしましょう。

なお、面倒だからといってネオモバFXの利益を確定申告しないで税金の支払いを免れるのはれっきとした脱税行為です。

バレれば重加算税や追徴課税など重いペナルティの対象となります。

年に1度だけと割り切って早めに済ませてしまいましょう。

それに確定申告は慣れてしまえば意外とそれほどの手間もかかりません。

はじめのうちは面倒でしょうが、腰を据えて終わらせてしまいましょう。

ネオモバFXの税金の計算方法と確定申告を分かりやすく解説 まとめ

ネオモバFXの税金計算方法は申告分離課税です。

その他の所得や雑所得とは分離して税金を計算して確定申告することになります。

一方で、ネオモバFXではなくただのネオモバを「特定口座(源泉徴収あり)」で使っている人は原則的に確定申告不要です。

ネオモバ「FX」は確定申告が原則的に必須、対してネオモバ(特定口座源泉徴収あり)は不要です。

このあたりを混同しないように注意しておきましょう。

また、面倒だからといってネオモバFXの利益を確定申告せずに税金を支払わないのは脱税行為になります。

ネオモバFXで年間利益がある程度ある人は必ず確定申告をして税金を納めましょう。