ゼロからはじめる資産運用

資産運用をゼロからはじめる方へ情報を発信しています

ウェルスナビ(WealthNavi)の安全性と怪しいの評判を分かりやすく解説

【☆おすすめの資産運用サービス☆】

【1】LINE証券の詳細ページはこちらから

【2】THEO+docomoの詳細ページはこちらから

【3】FOLIO ROBO PROの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20201019113443j:plain

ウェルスナビ(WealthNavi)の安全性や怪しいという評判は本当なの?

あなたは今、このようにお考えですよね。

ウェルスナビ(WealthNavi)は長期投資を分散して自動投資を行うサービスです。 ロボット投資なんて安全性は大丈夫?

損失や借金はないの?

ウェルスナビ(WealthNavi)の安全性に疑問を感じている方や怪しいという評判を気にする方もいるのではないでしょうか。

ウェルスナビ(WealthNavi)の安全性と怪しいの評判を分かりやすく解説

ウェルスナビ(WealthNavi)の安全性や怪しいという評判はあるの?

ウェルスナビ(WealthNavi)の安全性について怪しいという評判が聞こえてきますが、安全という声もあり賛否両論というところです。

結論を言うと、ウェルスナビ(WealthNavi)はベストな資産運用ではない一方、何もしない場合や銀行預金よりも役立ちます。

安全性を疑うような怪しいという評判がある理由は、資産運用をよく知らない視聴者がウェルスナビ(WealthNavi)のCMをみた場合、メリットが高い情報をチョイスして放送しているため、デメリットがなく現実味が薄いからでしょう。

資産運用のひとつ、FXトレードでは、短期間でもハイリターンが期待できますが、ハイリスクなためトレードで負けてしまうと損失が発生するだけでなく元本も没収となります。

一方、銀行預金は、元本保証がある代わりに利回りが低く、資産を育てることができないと、FX・銀行預金ともにデメリットがあります。

ウェルスナビ(WealthNavi)の安全性とデメリットは、ちょうどFXと銀行預金の中間のポジションです。

ベストな資産運用とは預金と投資のバランスがよいものをさしますが、ウェルスナビ(WealthNavi)は大幅に元本を失わないため安全性が高く、資産形成を行うことができるためおすすめです。

ウェルスナビ(WealthNavi)の安全性と怪しいという評判は手数料が割高だからやめたほうがいいという声も

元本を失わずに資産形成をめざせるウェルスナビ(WealthNavi)ですが、一方ではサービスの安全性を疑う怪しいという評判があり、その理由は手数料が割高だからです。

ウェルスナビ(WealthNavi)は、安全性の高い長期の分散投資で積み立てを行うことがコンセプトですが、この投資方法はサービスや投資家の腕による差がほとんどないことが特徴です。

このためできるだけ手数料が安いサービスを利用したほうが運用コストを抑えて儲けやすいと言えるでしょう。

ウェルスナビ(WealthNavi)のメリットは、ベストな資産の組み合わせの構築、リスクの許容診断、自動リバランスと自動税金最適化によって安全性の高い資産運用ができますが、実は他社のサービスでも代用できます。

他社サービスではこまかな調整ができたり融通がきいたりしますが、ウェルスナビ(WealthNavi)ではできないうえ、コスト面の安全性が怪しいからやめるべきという評判が聞かれています。

ウェルスナビ(WealthNavi)の安全性は高い。怪しいという評判の実態

ウェルスナビ(WealthNavi)の安全性は高いのか、評判からまだ怪しいと感じている方もいるかもしれません。

つづいてウェルスナビ(WealthNavi)の安全性を確認するために、本当に評判通りに怪しいのか実態をみていきましょう。

ウェルスナビ(WealthNavi)の提携サービスは、住信SBIネット銀行・JALなどの大手金融業者や企業と契約し「ウェルスナビ(WealthNavi) for ***」というサービスで提供を行っています。

またウェルスナビ(WealthNavi)の預かり資産は6000億円、運用者数26万人を超えるほどの人気サービスでしょう。

また東証マザーズで株式を上場していますが、厳しい審査をクリアしなければ上場できず、ウェルスナビ(WealthNavi)はクリアしているため、安全性は高いと言えるでしょう。

ウェルスナビ(WealthNavi)の安全性は高いため怪しいという評判のような損失や借金はない

どんなにウェルスナビ(WealthNavi)は安全性が高いと評判がよくても、損失や借金リスクがあるような怪しいサービスは利用したくないという方もいるでしょう。

そもそも損失や借金リスクがある資産運用方法は、資金以上の金額でトレードする証拠金取引や信用取引に限りますが、ウェルスナビ(WealthNavi)は資金以上を運用しないため借金の安全性は高いです。

ウェルスナビ(WealthNavi)は、世界中の11000銘柄に分散投資しているため、預けた資金が0になることもないでしょう。

もし0になるとすれば、株式を保有する企業すべてが倒産する、先進国の財政が破たんし、ゴールドの資産価値がなくなった場合ですが、まずありえないです。

万が一ウェルスナビ(WealthNavi)の経営が危うくなった場合であっても、顧客資産は分別管理しているため、返金されるという点についても安全性は高いです。

分別資産管理は金融取引法で義務付けられており、仮にウェルスナビ(WealthNavi)が補てんしきれなかったとして日本投資者保護基金が最大1000万まで補償します。

損失や借金リスクの安全性について怪しいと感じるサービスは利用したくないという方に、ウェルスナビ(WealthNavi)は最適な資産運用サービスと言えるでしょう。

ウェルスナビ(WealthNavi)の安全性と怪しいの評判を分かりやすく解説まとめ

ウェルスナビ(WealthNavi)は安全性が高いサービスですが、怪しいという評判は、サービスを詳しく知らない方の思い込みであるケースがほとんどでしょう。

過去に資産運用をやったことがないが、長期にわたる資産形成に興味があって低リスクで始めたいという方にウェルスナビ(WealthNavi)はおススメのサービスと言えるでしょう。