ゼロからはじめる資産運用

資産運用をゼロからはじめる方へ情報を発信しています

LINE証券(ライン証券)のLINEPay(ラインペイ)の使い方を分かりやすく解説

【☆おすすめの資産運用サービス☆】

【1】LINE証券の詳細ページはこちらから

【2】THEO+docomoの詳細ページはこちらから

【3】FOLIO ROBO PROの詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200910041539j:plain

LINE証券(ライン証券)におけるLINEPay(ラインペイ)の使い方や手数料を知りたい。

入金方法にLINEPay(ラインペイ)を使いたい場合は、どのようにしたらいいの?

LINE証券(ライン証券)の資金にLINEポイントをあてるための使い方は、LINEPay(ラインペイ)を経由するって聞いたけれど本当?

あなたは今、このようにお考えですよね。

LINE証券(ライン証券)はスマホで株式を購入できるサービスですが、入金方法のひとつとしてLINEPay(ラインペイ)を利用できます。

LINE証券(ライン証券)のLINEPay(ラインペイ)の使い方を分かりやすく解説

LINE証券(ライン証券)のLINEPay(ラインペイ)の使い方の事前準備

LINE証券(ライン証券)におけるLINEPay(ラインペイ)の使い方は、事前準備として「LINE Money」を利用できる状態にしておきましょう。

LINEPay(ラインペイ)には、以下2種類のアカウントがありますが、LINE証券(ライン証券)の入金方法に対応しているのはLINE Moneyです。

  • LINE Cash:LINE Payにチャージした残高と登録したクレジットカードから入金するアカウント
  • LINE Money:登録した銀行口座からLINE Payにチャージするアカウント

LINEPay(ラインペイ)に登録を完了した時点では、デフォルトでLINE Cashアカウントが選択されています。

LINE証券(ライン証券)で利用するための使い方は、LINEPay(ラインペイ)で事前に銀行口座の登録を完了して、LINE Moneyに変更する必要があるでしょう。

LINE Moneyに変更するための使い方は、LINEPay(ラインペイ)で本人確認を完了する必要があるため、設定画面から手続きを完了させてください。

LINE証券(ライン証券)のLINEPay(ラインペイ)の使い方

LINE証券(ライン証券)にLINEPay(ラインペイ)から入金する使い方は以下の通りです。

LINEを起動して、画面下部の「ウォレット」に進み「証券」をタップして、LINE証券(ライン証券)にアクセスします。

LINE証券(ライン証券) の「メニュー」から「入金」をタップし「LINEPay(ラインペイ)から入金する」に進みましょう。

入金額を入力し「入力する」をタップすることで完了となります。

LINE証券(ライン証券)におけるLINEPay(ラインペイ)の使い方のメリット

LINE証券(ライン証券)における入金方法の使い方として、LINEPay(ラインペイ)を利用するメリットについて解説していきましょう。

LINE証券(ライン証券)にLINEPay(ラインペイ)から入金すると手数料無料になる

LINEPay(ラインペイ)で入金するとLINE証券(ライン証券)の手数料は無料になります。

LINE証券(ライン証券)の入金方法には、インターネットバンキングと銀行振込もありますが、銀行振込については手数料を自己負担しなければいけません。

入金手数料を無料に抑える使い方ができるのは、LINEPay(ラインペイ)のメリットと言えるでしょう。

LINE証券(ライン証券)にLINEPay(ラインペイ)を経由してLINEポイントを入金できる

LINE証券(ライン証券)の資金としてLINEポイントを使えることは、LINEPay(ラインペイ)の使い方における大きなメリットです。

LINEポイントをLINE証券(ライン証券)に直接入金することはできませんが、LINEPay(ラインペイ)を経由する使い方で可能になります。

他の同系列サービスでためたLINEポイントをLINE証券(ライン証券)の資金にする使い方として、LINEPay(ラインペイ)は重宝すると言えるでしょう。

LINEポイントをLINE証券(ライン証券) に入金する使い方は、同じく「メニュー」から「入金」に進み「LINEPay(ラインペイ)から入金する」をタップします。

利用ポイントが表示されるので、利用したいLINE(ライン)ポイント数を入力し、「すべて使用」を選択すれば、全ポイントをLINE証券(ライン証券) に入金できます。

LINE証券(ライン証券)におけるLINEPay(ラインペイ)の使い方の注意点

LINE証券(ライン証券)の入金方法にLINEPay(ラインペイ)を利用するときの、使い方における注意点をみていきましょう。

使い方における注意点は、LINEPay(ラインペイ)とLINE証券(ライン証券)の名義を統一させることです。

LINE証券(ライン証券)の入金方法は、同じ名義人の口座やサービスでなければ利用できません。

LINEPay(ラインペイ)の名義はもちろん、LINEPay(ラインペイ)の入金元となる銀行口座の名義も同じでなければ登録できないため、すべて同じ名義で登録しましょう。

またLINEPay(ラインペイ)に登録できない銀行があることも、使い方における注意点と言えるでしょう。

銀行口座の登録を進めると「新規登録ができません」と表示されるため、この場合は別の銀行口座を登録してください。

また銀行口座の登録の承認手続きに時間がかかるケースもあるため、LINEPay(ラインペイ)でLINE証券(ライン証券)の入金を希望する方は早めに手続きを済ませておきましょう。

LINEPay(ラインペイ)の使い方における注意点は、LINE証券(ライン証券)の取引商品に応じて資金の入金における反映時間が異なることです。

基本的にLINEPay(ラインペイ)からの入金はLINE証券(ライン証券)で即時反映されますが、信用取引の場合は2営業日後に反映されます。

本来即座に入金したいと考える追証ですが、LINEPay(ラインペイ)からの反映時間は2営業日後になってしまうため、利用できない可能性があることも注意点として覚えておきましょう。

LINE証券(ライン証券)のLINEPay(ラインペイ)の使い方を分かりやすく解説まとめ

LINE証券(ライン証券)におけるLINEPay(ラインペイ)の使い方は入金方法で利用できることです。

LINEPay(ラインペイ)の入金手数料は無料ですので、LINE証券(ライン証券)の資金の入金でコストを抑えた使い方ができます。

またLINEPay(ラインペイ)を経由することで、LINEポイントをLINE証券(ライン証券)に入金できることも使い方におけるメリットだと言えるでしょう。

LINE証券(ライン証券)におけるLINEPay(ラインペイ)の使い方は、とても便利でお得ですのでご利用を検討されてみてはいかがでしょうか。