ゼロからはじめる資産運用

資産運用をゼロからはじめる方へ情報を発信しています

LINE証券(ライン証券)の逆指値を分かりやすく解説

f:id:zero_requiem21:20200910041539j:plain

LINE証券(ライン証券) は、スマホで手軽に株式投資を始めてみたい人におすすめのネット証券です。

LINE証券(ライン証券) での取引に少し慣れてくると、「逆指値ってどういうときに使うんだろう?」「逆指値を使ってみたい」と思い始めた人もいるかもしれませんね。

逆指値は初心者にとって分かりづらい注文方法かもしれませんが、損切りや上昇トレンドのブレイクアウトで使える株の注文方法の1つです。

そこで今回は、逆指値についてと、LINE証券(ライン証券) で逆指値できるのか?を分かりやすく解説します。

LINE証券(ライン証券)の逆指値を分かりやすく解説

LINE証券(ライン証券)で逆指値注文できる?

実は、LINE証券(ライン証券) では、1株単位でも100株単位でも、逆指値注文はできません。

現在、LINE証券(ライン証券)には、1株単位の場合は「表示している価格でのリアルタイム注文のみ」、100株単位では「指値」と「成行」の注文方法があります。

LINE証券(ライン証券) は、これまでの株取引では常識だった「逆指値」「寄り付き」「引け」などの注文方法を取り扱っていません。

これは、LINE証券(ライン証券) がシンプルさとわかりやすさを追求しているからです。

特に1株単位で買う場合には注文方法を選ぶ必要がありませんので、どの銘柄をいくらで購入するかを決めればいいだけです。

LINE証券(ライン証券) は、通勤やランチ休憩時などのスキマ時間に、スマホでお手軽に株を始めたい人に最適化していますので、逆指値などの注文方法をあえて外しました。

また、LINE証券(ライン証券) に限らず、大手証券会社を経由しても、単元未満株は成行き注文しかできないところがほとんどですので、もちろん逆指値もできません。

そのほか、他のネット証券では単元未満株を取り扱っていないところも多いので、少額から株式投資をしたい人には不向きでしょう。

LINE証券(ライン証券) では、1株単位で運用している人が多いので、どちらにせよ、指値注文や逆指値注文はできない仕組みです。

LINE証券(ライン証券)ではできない損切りの逆指値

LINE証券(ライン証券) では逆指値はできませんが、損切りの考え方を学ぶうえで知っておきたいテクニックですので、解説します。

株を購入するとき、損切りラインを決めていますか?

株式投資では買う時よりも売る時の方が難しいといわれています。

購入した銘柄の株価が下がり続けている時に、即座に損切りを判断して売り注文を出せる人はそうはいないでしょう。

落ち続ける株価を真っ青になりながら眺めて、気づいた時には売るに売れないレベルにまで下がってしまい、投げ売りしてしまったり、株を塩漬け状態にしてしまったりした人もいるかもしれませんね。

そんな時に効果的な注文方法が、損切りの逆指値です。

株を購入したタイミングで逆指値を入れておくと、株価が落ちた時に指定した金額で自動的に売り払ってくれるのです。

例えば、1000円で買った株が700円にまで下がったら売りにだしてほしいという損切りのための逆指値をしたとします。

この場合、100株購入していれば、10万円分が7万円分になり、損失は3万円でてしまいます。

この損失額が許容範囲内であれば逆指値は700円で構いませんし、株価下落率10%までをマイルールとするのであれば、900円で逆指値を入れて、損失は1万円までに抑えるのもいいかもしれません。

手持ち資金やメンタル面でひとそれぞれ損失を許容できる範囲が変わりますので、損切りのマイルールを設定しおきましょう。

下がり続ける株を保有しているよりも、損失を最小限にして売り払って、その売却したお金で上がりそうな銘柄を購入するほうが利益があがります。

LINE証券(ライン証券) では逆指値はできませんが、自分の損切りラインを決めておけば、逆指値を入れたのと同じような効果があるでしょう。

LINE証券(ライン証券)ではできない買いの逆指値

LINE証券(ライン証券) ではできませんが、逆指値買いというテクニックもあります。

逆指値は、ほとんどが損切りに使われていますが、株の上級者になると「上昇トレンド狙い」で逆指値買いを使います。

株価が横ばいを続けている場合、直近の高値を超えると一気に株価が上昇する可能性が高いです。

特に出来高が激増していると強い上昇トレンドが起こりますので、絶好の株を購入するチャンスです。

横ばいを続けているときに直近の高値で逆指値買いを入れておくと、この上昇トレンドを逃すことはなくなるでしょう。

LINE証券(ライン証券) では逆指値買いはできませんので、自分で買い注文をだすしか方法はありません。

ですが、スマホで簡単に買い注文を出せますので、LINE証券(ライン証券) 利用で問題はないでしょう。

LINE証券(ライン証券)の逆指値以外の注文方法

LINE証券(ライン証券) は、1株単位と100株単位で注文方法に違いがあります。

まず1株単位の場合、LINE証券(ライン証券) との相対取引となり、LINE証券(ライン証券) がリアルタイムで表示している価格で注文できます。

他の証券会社では1株単位の単元未満株の取り扱いがなかったり、あったとしても次の日の寄り付き価格に限定されている注文方法が多いです。

その点、LINE証券(ライン証券) の1株単位では逆指値の機能はないものの、シンプルな注文方法で買い時、売り時を逃すことはないでしょう。

次に、LINE証券(ライン証券) では100株単位の場合は取引所取引ですので、指値と成行の注文方法をとれます。

LINE証券(ライン証券) の指値では執行条件付きの注文では不成はできますが、逆指値の注文方法はできません。

LINE証券(ライン証券)の逆指値を分かりやすく解説まとめ

LINE証券(ライン証券)は、スマホで直感的な操作だけで株式投資ができるようにサービスを特化しています。

そのため、初心者には分かりづらい「逆指値」は、LINE証券(ライン証券) の機能から外されています。

逆指値は損切りを自動でしてくれる便利な機能ですが、自分で損切りラインを決めて売り注文をだせばよいだけですので、なくても困らないでしょう。