ゼロからはじめる資産運用

資産運用をゼロからはじめる方へ情報を発信しています

LINE証券(ライン証券)の手数料を分かりやすく解説

【☆おすすめの資産運用サービス☆】

【1】PayPay証券の詳細ページはこちらから

【2】LINE証券の詳細ページはこちらから

【3】LINEスマート投資(ワンコイン投資)の詳細ページ

f:id:zero_requiem21:20200910041539j:plain

LINE証券(ライン証券) はスマホさえあれば1株単位で取引できるネット証券会社です。

LINE証券(ライン証券) で株式投資を始めたいと思ったときに気になるのが、手数料はどれくらいかかるのか?ではないでしょうか。

そこで今回は、LINE証券(ライン証券) でかかる手数料について、分かりやすく解説します。

LINE証券(ライン証券)の手数料を分かりやすく解説

LINE証券(ライン証券)の購入手数料(取引コスト)

LINE証券(ライン証券) で株を購入するときの手数料は、1株単位の相対取引(単元未満株)と、100株単位の取引所取引(単元株)では異なります。

まず、LINE証券(ライン証券) の相対取引(単元未満株)では購入手数料はすべて0円です。

ですが、所定の購入取引コストとしてスプレッド(差額)がかかります。

さらに、グループA(日本の有名企業約300銘柄と上場投資信託15銘柄)、グループB(銘柄未定)、グループC(銘柄未定)で購入手数料(取引コスト)が変わります。

グループAは、日中の 9:00〜11:20 と12:30〜14:50の購入手数料(取引コスト)は「0.2%」です。

そして日中の11:30〜12:20 と、夜間の17:00〜21:00の購入手数料(取引コスト)は「1.0%」です。

グループBは、日中の9:00〜11:20 と12:30〜14:50の購入手数料(取引コスト)は「0.3%」です。

グループCは、日中の9:00〜11:20 と12:30〜14:50の購入手数料(取引コスト)は「0.4%」です。

グループB・Cは、どちらも日中の11:30〜12:20 および夜間の17:00〜21:00には株取引ができませんので、購入手数料(取引コスト)の設定はありません。

ちなみに日中の手数料(取引コスト)は業界内でも低水準なうえ、単元未満株の夜間取引ができるのはLINE証券(ライン証券) だけです。

次に、100株単位で株を購入する取引所取引(単元株)のLINE証券(ライン証券) での手数料を説明しましょう。

こちらは、3700銘柄すべて買付手数料は0円です。 売却時にのみ、取引手数料が発生します。

LINE証券(ライン証券)の売却時の手数料(取引コスト)

まず、LINE証券(ライン証券) の1株単位で株を売却するときの手数料(取引コスト)とグループ分けは、購入時と同じです。

日中の9:00〜11:20 と12:30〜14:50の売却手数料(取引コスト)は、グループA「0.2%」、グループB「0.3%」、グループC「0.4%」です。

そして、グループAだけは、日中11:30〜12:20 と夜間17:00〜21:00の取引ができますので、その際の売却手数料(取引コスト)は「1.0%」です。

では次に、LINE証券(ライン証券) の100株単位で株を売却する時の取引所取引(単元株)の取引手数料を説明しましょう。

この場合は、売却時の約定代金によって取引手数料が変わります。

・5万円以内 99円

・5万円超から10万円以内 176円

・10万円超から20万円以内 198円

・20万円超から50万円以内4 84円

・50万円超から100万円以内 869円

・100万円超から150万円以内 1056円

・150万円超から3000万円以内 1661円

・3000万円超 1771円

ちなみに不定期で、売却手数料0円キャンペーンを実施していますので、タイミングがあえば利用してみましょう。

LINE証券(ライン証券)の出金手数料

LINE証券(ライン証券) からLINE Payへの出金手数料は0円です。

ただし、LINE Payチャージ残高が100万円を超えない金額までとの上限があります。

例えば、現在のLINE Pay残高が10万円であるなら、90万円までLINE証券(ライン証券) からLINE Payへ出金できるということです。

次に、LINE証券(ライン証券) で事前に登録した出金口座への振り込み手数料は、振込金額の大小にかかわらず、一律220円(税込)です。

ただし、LINE証券(ライン証券) では時間外手数料など出金手数料以外の費用はかかりませんし、金額の上限もありません。

銀行へ振り込みたいけれど手数料を節約したいのであれば、一度LINE Payに出金し、LINE Payから銀行振込をすると176円(税込み)ですみます。

LINE証券(ライン証券) の投資信託手数料

LINE証券(ライン証券) の投資信託に関連した手数料は、「購入手数料」「運用管理手数料」「売却手数料」です。

まず、LINE証券(ライン証券) で投資信託を購入するときには、手数料はかかりません。

そして次に、LINE証券(ライン証券) に限らず、投資信託では運用管理費用がかかってきます。 運用管理手数料は購入した投資信託の種類によって異なります。

そしてLINE証券(ライン証券) の投資信託では、売却手数料は一切かかりません。

LINE証券(ライン証券) の手数料・株の移管

LINE証券(ライン証券) で買った株を別の証券会社へ移管(出庫)する場合、移管手数料が1銘柄につき、1100円(税込)かかります。

移管手数料(出庫)が無料の証券会社は複数ありますが、移管手数料(出庫)がかかる証券会社の中では、LINE証券(ライン証券) は比較的安めな金額です。

ちなみに、ほとんどの証券会社では、入庫の移管手数料は無料です。

LINE証券(ライン証券)の手数料を分かりやすく解説まとめ

LINE証券(ライン証券)の手数料について、詳しく解説しました。

LINE証券(ライン証券) の1株単位での取引では、実質的な手数料といえる取引コストがかかります。

時間帯によっても手数料(取引コスト)が変わりますので、考慮して株の売買をしましょう。

そして、単元株での取引では買付手数料は無料ですが、売却時には約定金額に応じた売却手数料がかかります。

不定期で売却手数料無料キャンペーンが開催されることがありますので、上手に利用しましょう。