ゼロからはじめる資産運用

資産運用をゼロからはじめる方へ情報を発信しています

LINEスマート投資(ワンコイン投資)の使い方を分かりやすく解説

【☆おすすめの資産運用☆】

【1】PayPay証券の詳細ページはこちらから

【2】LINE証券の詳細ページはこちらから

【3】LINEワンコイン投資の詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20201209024112j:plain

LINEスマート投資(ワンコイン投資)で投資を始めたいけれどやり方が分からない、どの画面を見ればいいのかよく分からない…… そんなふうに悩んではいないでしょうか。

LINEスマート投資(ワンコイン投資)の使い方はとても簡単なのですが、やはり初めてのものは不安ですよね。

この記事では、LINEスマート投資(ワンコイン投資)の使い方を口座解説から投資の手順、出金までを分かりやすく解説していきます。

LINEスマート投資(ワンコイン投資)の使い方を分かりやすく解説

LINEスマート投資(ワンコイン投資)の使い方:口座開設と審査

LINEスマート投資(ワンコイン投資)の使い方を口座開設から説明します。

LINEスマート投資(ワンコイン投資)はLINEアプリの中に入っている機能ですので、アプリのダウンロードは必要ありません。

口座開設する使い方の手順は次のとおりです。

・本人確認に必要な書類を用意

・口座開設を申し込んで審査を受ける

まずは、本人確認に必要ないずれかの書類を用意してください。

・マイナンバー(個人番号)カード

・通知カードと、運転免許証またはパスポート

・マイナンバー入り住民票と、「運転免許証・パスポート・保険証・年金手帳」のうち1点

必要な書類が用意できたら、LINEアプリを開いて、LINEスマート投資(ワンコイン投資)の使い方の手順をすすめていきましょう。

まずは、LINEスマート投資(ワンコイン投資)のマイページを開いて、氏名・住所などの個人情報を入力します。

続いて「スマホで完結 本人確認」の画面にて、用意した本人確認書類をアップロードし、指示にしたがって顔写真の撮影を行いましょう。

LINEスマート投資(ワンコイン投資)が本人確認の審査をして問題なければ、口座が開設されます。

LINEスマート投資(ワンコイン投資)の使い方:LINE Payの登録

では次に、LINEスマート投資(ワンコイン投資)でLINE Payを登録する使い方へと移りましょう。

ワンコイン投資ではLINE Payを登録する必要がありますので、先にすすめておくとスムーズな使い方ができます。 LINE Payの使い方は下記のとおり。

・LINE Payのアカウントタイプを「LINE Money」にする

・LINEスマート投資(ワンコイン投資)でLINE Payを登録する

LINEアプリのウォレットからLINE Payの設定へと入り、アカウントタイプを確認してください。

もし、アカウントタイプが「LINE Cash」であれば、LINEスマート投資(ワンコイン投資)へ送金する使い方ができません。

この場合は、LINE Payに銀行口座を登録するか簡単本人確認を行って、アカウントを「LINE Money」へと変更してください。

変更できれば、LINEスマート投資(ワンコイン投資)でのLINE Payの使い方へと移りましょう。

ワンコイン投資やテーマ投資を購入する手続きのときに「LINE Pay決済」「お支払い方法」のページが表示されます。

そこでお支払い方法を「残高」にしてから「登録」を押しましょう。

一度、LINEスマート投資(ワンコイン投資)で設定すれば、その後の使い方ではとくにすることはありません。

LINEスマート投資(ワンコイン投資)の使い方:入金

LINEスマート投資(ワンコイン投資)で入金する使い方には、LINE Pay残高からのお支払い以外では「リアルタイム入金」と「銀行振込」が利用できます。

ワンコイン投資やテーマ投資を始める時にお支払い画面で、どちらかを選びましょう。

LINEスマート投資(ワンコイン投資)のリアルタイム入金は手数料無料で即時に入金情報が反映されますので、おすすめです。

みずほ銀行、三井住友銀行、三菱UFJ、イオン、ジャパンネット銀行のいずれかでインターネットバンキングしている人であれば、リアルタイム入金での使い方をしてください。

銀行振込は、LINE Pay残高を経由したくない人やリアルタイム入金の対象外の銀行を利用している人におすすめの使い方です。

「銀行振込で入金」を押すと振込先銀行名などが表示されますので、指示されたとおりに入金する使い方をしてください。

LINEスマート投資(ワンコイン投資)の使い方:出金

LINEスマート投資(ワンコイン投資)で出金するときの使い方は、1通りしかありません。

LINEスマート投資(ワンコイン投資)の出金方法は「出金額を指定する」だけの使い方です。

「全額出金」または金額を指定した「一部出金」を選びましょう。

すると3〜4営業日ほどで、保有している資産を売却して振込先口座へと出金できるようになります。

売却注文イコール出金ですので、使い方や手順はとてもシンプルです。 ちなみに、LINE Pay残高へ出金する使い方はありません。

それから、売却した金額から預かり資産に対する手数料や信託報酬手数料、源泉徴収、出金手数料などが引かれてしまいますので、ご注意ください。

LINEスマート投資(ワンコイン投資)の使い方:ワンコイン投資

LINEスマート投資(ワンコイン投資)で「ワンコイン投資」の使い方をご紹介しましょう。

ワンコイン投資は500円玉貯金のように毎週貯蓄していく楽しみを味わえる使い方ができます。

最初に「温泉1泊旅行」「恋人へのプレゼント貯金」のようにタイトルと目標金額をつけて開始する使い方や、「とりあえず積立3万円」のような使い方ができます。

しかも、LINEスマート投資(ワンコイン投資)のワンコイン投資は投資先やポートフォリオ、リバランスなど難しいことを考える必要はまったくありません。

ただ、毎週いくら積み立てるのかを設定するだけの使い方です。

ちなみに、目標金額を達成しても自動で積立は止まりませんので、さらに積み立てるのか、一度出金するのかだけを考えておきましょう。

LINEスマート投資(ワンコイン投資)の使い方:テーマ投資

LINEスマート投資(ワンコイン投資)でテーマ投資するときの使い方は、次の手順で行います。

・投資したいテーマを選ぶ

・テーマ投資の内容を確認する

・購入単位を決めて、購入

LINEスマート投資(ワンコイン投資)のテーマ投資では、約90種類の中から選ばなくてはいけません。

テーマ投資の使い方で一番時間がかかるところですが、重要なところですのでじっくりと検討しましょう。

医療系、IT系、生活関連、ビジネス系、高配当や成長性などさまざまなテーマがそろっています。

興味のあるテーマがいくつか見つかれば、さらに詳細ページを確認する使い方をしてください。

テーマ投資の詳細ページには、プロが分析したリスク度やファンダメンタル分析が掲載されていますので、熟読しましょう。

購入したテーマ投資が決定すれば、あとは購入価格と購入単位を決めて、必要な金額を入金する使い方をすすめてください。

LINEスマート投資(ワンコイン投資)の使い方を分かりやすく解説まとめ

LINEスマート投資(ワンコイン投資)の使い方を「口座開設から出金まで」を詳しく説明しました。

LINEスマート投資(ワンコイン投資)は初心者が使いやすいよう、直感的に使えるようなサービスですので、設定が難しくて悩むところはないはずです。

興味がある人は、ワンコイン投資を週に500円から始めてみてはいかがでしょうか。