ゼロからはじめる資産運用

資産運用をゼロからはじめる方へ情報を発信しています

LINE証券(ライン証券)の安全性と危険性の評判を分かりやすく解説

【☆おすすめの資産運用☆】

【1】PayPay証券の詳細ページはこちらから

【2】LINE証券の詳細ページはこちらから

【3】LINEワンコイン投資の詳細ページはこちらから

f:id:zero_requiem21:20200910041539j:plain

LINE証券(ライン証券)の安全性と危険性の評判を知りたい。 あなたは今、このようにお考えですよね。

LINE証券(ライン証券)は1株数百円から買えるうえ、LINEポイントやLINE Payか入金できる手軽さがうけて、投資初心者に人気のサービスです。

お手持ちのLINEアカウントと紐づいているため、手軽にLINE証券(ライン証券)をはじめられる反面、安全性に疑問を感じている方もいるでしょう。

LINE証券(ライン証券)限定サービスである、株のタイムセールは他社では聞きなれないため、危険性を危惧する評判も聞かれています。

ここではLINE証券(ライン証券) の安全性と危険性の評判について詳しく解説しましょう。

LINE証券(ライン証券) の安全性と危険性の評判を分かりやすく解説

LINE証券(ライン証券) の安全性と危険性の評判 資金の不正流出リスクは?

LINE証券(ライン証券) の安全性と危険性の評判で、まず気になることは資金の不正流出リスクではないでしょうか。

資金の不正流出は、LINE証券(ライン証券) をご利用のうえでもっとも避けたいトラブルです。

過去のLINE証券(ライン証券) の評判を確認したところ、資金の不正流出の危険性に関する声は見受けられません。

LINE証券(ライン証券) の出金方法は、LINE Payと銀行口座への出金を選択でき、LINE Payへの出金時には暗証番号が必要です。

よって暗証番号が漏洩しない限りは、LINE証券(ライン証券) における資金の不正流出に対する安全性は保たれると考えられるでしょう。

LINE証券(ライン証券) の安全性と危険性の評判 LINEアカウントの乗っ取り

LINE証券(ライン証券) の安全性と危険性の評判で気になる代表例として、LINEアカウントの乗っ取りがあげられます。

ハッキングによって不正ログインされてしまい、LINEアカウントが乗っ取られてしまうと、LINE証券(ライン証券)の資金を失う危険性があります。

LINEアカウントの乗っ取りに関する評判を確認してみましたが、ひとつも見当たりませんでした。

ただし不正ログインされかけたという口コミは、いくつか見受けられています。

またLINE証券(ライン証券) のヘルプセンターにも「LINEのアカウントが乗っ取られたとしても暗証番号が第三者に漏洩しない限り、出金を行うことはできません。」という文言があります。

当然「仮にアカウントが乗っ取りの危険性にさらされた場合」という意味合いでしょうが、LINEアカウントの乗っ取りリスクを100%防げるわけではないことがうかがえます。

アカウントの乗っ取りリスクはLINE証券(ライン証券) だけでなく、どの証券会社でも考えられることですので、個々にセキュリティ対策を行うことが重要です。

LINE証券(ライン証券) で資金の安全性を高めるためには、上の口コミにもある通り、頻繁にパスワードを変更することや推測されやすいパスワードは設定しないことが大切と言えるでしょう。

不正ログインリスクの危険性を考えると、LINE証券(ライン証券) への入金は少額づつ行うことが望ましいと言えます。

LINE証券(ライン証券) は、投資初心者をターゲットにスマホひとつで1株数百円から購入できるサービスですので、アカウントの安全性を高めるためにも多額の入金は避けるべきでしょう。

LINE証券(ライン証券) の安全性と危険性の評判 アプリを削除してしまった

LINE証券(ライン証券) の安全性と危険性の評判は、自分の操作ミスやスマホトラブルや機種変更など、何らかの原因でアプりを削除してしまうケースです。

アプリを削除する前に、LINEの引き継ぎを行っていれば、あらたにアプリを取得することでLINE証券(ライン証券) をそのまま利用することができます。

万が一引き続きを行わずにLINE証券(ライン証券) のアプリを削除してしまった場合は、LINEアカウントをLINE証券(ライン証券) へ切り替えるための申請が必要です。

LINE証券(ライン証券) への切り替え手続きは、口座開設のときと同様に、本人確認書類をアップロードして、メールアドレスを入力します。

メールアドレス宛に「[LINE証券]アカウント切り替えのご案内」が届きますので、リンク先をクリックし流れに沿って本人確認書類を再アップロードしましょう。

承認がおりることで、LINE証券(ライン証券) の同じ口座を利用できるようになります。

LINE証券(ライン証券) の安全性と危険性の評判 タイムセール

LINE証券(ライン証券) の安全性と危険性の評判のひとつに、タイムセールに関するものが見受けられます。

実際、LINE証券(ライン証券) のタイムセールの評判は非常によいのですが、株をタイムセールする証券会社は、LINE証券(ライン証券) 以外にないため、怪しいサービスではないかと危険性を感じる方もいるようです。

以下のLINE証券(ライン証券) の口コミでも、「セール」がつくサービスは危険という声が聞かれています。

タイムセールとは、その名の通り、LINE証券(ライン証券)で 毎月不定期に開催される株のセールです。

条件を満たしたユーザーだけが対象銘柄を最大7%オフで、5株購入できるというお得なサービスです。

タイムセールの参加条件は、LINE証券(ライン証券) の取引口座に株式などを10万円以上保有しているユーザーと、新規ユーザーです。

LINE証券(ライン証券) でタイムセールは人気のサービスで評判が高く、上限数に達してしまった場合は希望銘柄を購入できなかったという口コミであふれています。

タイムセールでは最大7%の割引価格で購入できるため、たとえレート変動がなかったとしても7%の儲けを獲得できるため、危険どころかお得なサービスと言えるでしょう。

ただしお得だからと言って、儲けが出ない株をやみくもに購入することは資金の安全性が保たれないため、簡単でもよいので投資や株の知識をつけておくとよいでしょう。

LINE証券(ライン証券) の安全性と危険性の評判を分かりやすく解説まとめ

LINE証券(ライン証券) の安全性と危険性の評判について解説しました。

セキュリティでは安全性の向上につとめているLINE証券(ライン証券) では資金の不正流出やアカウント乗っ取りの事例はない一方、不正ログインの危険性に対する声は少なからず聞こえてきます。

よってLINE証券(ライン証券) のセキュリティ対策に頼り切らず、ログインパスワードや暗証番号を定期的に更新することで安全性を高めることが期待できます。