ゼロからはじめる資産運用

資産運用をゼロからはじめる方へ情報を発信しています

LINE証券(ライン証券) のアプリの使い方を分かりやすく解説

【☆余ったLINEポイントで株式投資が出来る☆】

>>LINE証券の詳細ページはこちらから☆

LINE証券

【☆余ったLINEポイントで株式投資が出来る☆】

>>LINE証券の詳細ページはこちらから☆

LINE証券

【☆余ったLINEポイントで株式投資が出来る☆】

>>LINE証券の詳細ページはこちらから☆

LINE証券

f:id:zero_requiem21:20200910041539j:plain

スマホで簡単に株式投資を始めてみたい、まずは少額から投資してみたい人におすすめなのが、LINE証券(ライン証券) です。

いつも使い慣れているLINEアプリのウォレットから取引できますので、LINE Pay残高やLINEポイントを株式投資にまわせます。

また、LINE証券(ライン証券) では平日夜21時まで取引できる利便性と、スマホだけで口座開設できるお手軽さと、直感的に操作できるアプリの使い勝手の良さから人気がでてきました。

そこで今回は、LINE証券(ライン証券) のアプリの使い方について、分かりやすく解説します。

LINE証券(ライン証券) のアプリの使い方を分かりやすく解説

LINE証券(ライン証券) の専用アプリはありませんので、「LINEアプリのウォレット」からアクセスする方法と、「スマホやPCのブラウザ」からアクセスする2種類の方法があります。

LINE証券(ライン証券) のアプリの使い方:始め方

LINEアプリをまだインストールしていない人であれば、Google PlayまたはApp StoreでLINEアプリをインストールしてください。

LINEアプリをすでにインストールしている人であれば、LINE(ライン)のウォレットタブを押して、LINE証券(ライン証券) のアイコンをタップするだけです。

また、LINE証券(ライン証券) をスマホのホーム画面に追加しておくと、ワンタップでアクセスできるので、便利でしょう。

手順は、LINE証券(ライン証券) のメニューを選び、「ホーム画面に追加」を押し、ブラウザーのメニューボタンからもう一度「ホーム画面に追加」を押せば、スマホのホーム画面に追加完了です。

そして、LINEアプリのウォレットからLINE証券(ライン証券) へアクセスする場合には、とくにIDやパスワードを入力することなく開始できます。

また、LINE証券(ライン証券) をホーム画面に追加した場合は、アイコンをタップすると「次のアカウントでログイン」が表示されますので、ログインをタップすればOKです。

ちなみに、LINEアプリのウォレット経由でLINE証券(ライン証券) を利用するより、ホーム画面にLINE証券(ライン証券) のアイコンを作成して株式を取引することをおすすめします。

というのも、LINEアプリ内で取引しているときに届いたLINEメッセージを確認してしまうと、LINE証券(ライン証券) を閉じてしまうことがあるからです。

そのため、ホーム画面に別途アイコンを作成しておき、LINE証券(ライン証券) とLINEアプリを別々に開けるようにしておきましょう。

LINE証券(ライン証券) のアプリの使い方:株の購入方法

LINE証券(ライン証券) の株の購入方法は、「カテゴリーから選ぶ方法」「テーマから探す方法」「特定の銘柄を検索する方法」の3種類があります。

まだ買いたい株が決まっていない場合は、カテゴリーを眺めてみましょう。

LINE証券(ライン証券) では、下記のようなカテゴリーが20以上用意されています。

・1株3,000円以下で買える

・お気に入りが多い

・割安ランキング

・人気優待

・好業績予想

・高配当利回り

業績の良い企業の株を購入したい、お手軽な株価の銘柄を選びたい、株主優待の内容が良い銘柄を選びたいときには、このLINE証券(ライン証券) のカテゴリーから選んでみてはいかがでしょうか。

また、値動きの激しい銘柄を購入したいときは、前日比値動きランキングを参考にしてみてください。

次に、LINE証券(ライン証券) では約100種類の「テーマ」を設定していて、各テーマごとに関連する企業データをのせています。下記は主なテーマ例です。

・地盤保証

・料理レシピ

・マッチングサービス

・情報配信

・予防医療

例えば、テーマが「ふるさと納税」の場合、サイネックス・アイモバイル・アドウェイズ・楽天などが表示され、現在の株価と前日比率が一目瞭然です。

台風被害が起きれば、建設や排水設備関連の株価が伸び、働き方改革が脚光を浴びていれば、オンラインやテレワーク・人材派遣関連が伸びるでしょう。

世の中の動きやニュースを見て、株価が上がりそうな銘柄を選んで購入したい場合には、このLINE証券(ライン証券) のテーマを参考にしてください。

ある特定の銘柄を購入したいのであれば、検索バーに「銘柄名・銘柄コード」入力して検索してみましょう。

例えば、「村田製作所」または銘柄コード「6981」を入力すると、現在の株価とチャートが表示されます。

買い時であると判断したのなら、「買う」ボタンをタップしましょう。

LINE証券(ライン証券) では、1株からでも購入できますし、もちろん100株単位で購入もできます。

このように、LINE証券(ライン証券) では簡単に株を購入できます。

LINE証券(ライン証券) のアプリの使い方:ポートフォリオを見る

では、LINE証券(ライン証券) のポートフォリオの見方を説明します。

LINE証券(ライン証券) のホーム画面の「ポートフォリオへ移動」または一番下の円グラフアイコンをタップすると、ポートフォリオ画面が表示されました。

総資産額や前日と比べて増えた金額、保有している株価の前日比率などを確認できるうえ、「評価損益」「保有数量」などに切り替えて、違う角度からポートフォリオを確認できます。

LINE証券(ライン証券) のアプリの使い方:入金方法

LINE証券(ライン証券) アプリで入金するには、次の3つの方法があります。

・LINE Payからの入金

・クイック入金

・銀行振り込みで入金

LINE Payからの入金であれば、LINE証券(ライン証券) 口座に入れたい金額を入力して「入金する」をタップします。

そこで「LINE(ライン)ポイント」「LINE Pay残高」「LINE Payと紐付けている銀行口座」が表示されますので、選びましょう。

ちなみに、貯まっているLINE(ライン)ポイントを使って、不足金額をLINE Pay残高から支払えます。

次にLINE証券(ライン証券) で「クイック入金」をする場合、クイック入金で利用したい銀行を選んで、入金金額を入力してください。

そして、LINE証券(ライン証券) で「銀行振込で入金」の場合は、入金用銀行名・支店名・名義・口座番号が表示されますので、振り込み処理をしましょう。

LINE証券(ライン証券) のアプリの使い方を分かりやすく解説まとめ

LINE証券(ライン証券) のアプリの使い方を分かりやすく解説しました。

LINEアプリのウォレットからお手軽に株式投資できますし、ホーム画面に追加しておけば、いつでもワンタップでLINE証券(ライン証券) を起動できます。

LINE証券(ライン証券) は1株から投資でき、LINEポイントやLINE Pay残高を投資資金にまわせるのがメリットです。

株に興味でてきた初心者、スキマ時間に簡単にトレードしたい人にもおすすめですので、LINE証券(ライン証券) を利用してみてください。