ゼロからはじめる資産運用

資産運用をゼロからはじめる方へ情報を発信しています

LINE証券(ライン証券) の本人確認の方法と時間を分かりやすく解説

f:id:zero_requiem21:20200910041539j:plain

LINE証券(ライン証券) は、スマホで簡単に株式投資してみたい人におすすめの証券会社です。

株に興味はあるけれど、証券会社の口座開設は難しそう、本人確認ってどういうもの?

と不安に思う人もいるでしょう。

そこで今回は、LINE証券(ライン証券) の本人確認の方法と必要な書類、どれくらい時間がかかるのかを調べてみました。

このほか、本人確認でつまずくポイントとその対処方法について、分かりやすく解説します。

LINE証券(ライン証券) の本人確認の方法と時間の使い方を分かりやすく解説

LINE証券(ライン証券) の本人確認の方法

LINE証券(ライン証券) で本人確認をするには、スマホで顔認証して身分証明書をアップロードする「かんたん本人確認」と、「郵送受け取りによる本人確認」の2つの方法があります。

LINE証券(ライン証券) の口座開設申請では、最短3分でスマホで完結する「かんたん本人確認」をおすすめします。

では早速、LINE証券(ライン証券) の「かんたん本人確認」の手順を説明しましょう。

1.LINE証券(ライン証券) の本人確認に必要な書類とマイナンバーを準備します。

・個人番号カード(顔写真付き)

・運転免許証と、「マイナンバー通知カードまたはマイナンバー記載の住民票の写し」

個人番号カード(顔写真付き)があれば、これ1枚で大丈夫です。

もし個人番号カードがなければ、運転免許証とマイナンバー関連書類のセットが必要です。

マイナンバー通知カードは住民票を持っている全ての国民に交付された紙のカードです。

個人番号カードは、マイナンバー通知カードと顔写真を各市区町村に申請した後に受け取れるICチップを搭載したカードです。

マイナンバーはすべての証券会社へ提出することが義務付けられていますので、提出しなくてはいけません。

もしマイナンバー通知カードを紛失している場合には、マイナンバー記載の住民票の写しを役所へ取りにいきましょう。

このほか、運転免許証を持っていない人の場合、「個人番号カード」または「住民票の写しと健康保険証」で本人確認ができます。

ちなみに「パスポート」はLINE証券(ライン証券) の本人確認では受け付けていませんので、注意してください。

2.LINEアプリのウォレットからLINE証券(ライン証券) をタップし、口座開設をします。

「お客様情報の入力」「携帯番号の認証」「本人確認書類の提出」のスリーステップでエラーが出なければ、早ければ数分で本人確認が完了します。

ここで注意点があります。 LINE証券(ライン証券) の本人確認に必要な書類を手元に準備していなくて、途中で探しに行ったりしていると、タイムアウトエラーになってやり直しになってしまいます。

二度手間にならないよう、書類は用意しておきましょう。

そして、スマホでの本人確認が何度もエラーになる場合には、「郵送による本人確認」に切り替えましょう。

この場合、下記の書類のいずれかが必要です。

・個人番号カード(顔写真付き)

・運転免許証と、「マイナンバー通知カードまたはマイナンバー記載の住民票の写し」

・健康保険証とマイナンバー記載の住民票の写し

健康保険証を利用したいのであれば、郵送による本人確認をしましょう。

LINE証券(ライン証券) の本人確認で顔認証できないときは?

LINE証券(ライン証券) の本人確認で、顔認証を何度も失敗する人がいるようです。

そこで、本人確認のための顔認証がうまくいかない場合の対処法を説明しましょう。

この場合、よくある原因として考えられるのは「手ブレ」ですので、動かないように肘は机の上に置いて固定して撮影してください。

そして、顔や免許証を撮影するときには、必ず「枠内」に収めるようにしましょう。

それから、指示に従って横向き・上向き・下向きに顔を向ける時には、ゆっくりと向きを変えるように心がけましょう。

もし、顔認証エラーになっても突然止めてしまうのではなく、角度を少しずつ変えて撮影を続けてください。

これでほとんどの場合、LINE証券(ライン証券) の本人確認の顔認証はうまくいくはずです。

このほか、液晶画面が明るすぎると反応しないケースがありましたので、スマホの液晶画面の「明るさ設定」を少し暗めにしてみてみるのもよいでしょう。

LINE証券(ライン証券) の本人確認にかかる時間は?

LINE証券(ライン証券) の「かんたん本人確認」で申請した場合にかかる時間は、最短翌営業日に口座開設が完了と記載されています。

とくにLINE Payなど、LINEの他のサービスを利用していて、本人確認をすでに済ませている場合、わずか数分で完了するケースもあるようです。

次に「簡易書留受け取り」の場合は、LINE証券(ライン証券) までの郵送日数+審査日数+口座開設完了通知ハガキが届く日数ですので、本人確認までかなり時間がかかります。

LINE証券(ライン証券) の本人確認にかかるおおよその時間は4営業日程度ですが、郵便事情によりさらに時間がかかることも予想されます。

LINE証券(ライン証券) の本人確認で審査落ち?

LINE証券(ライン証券) で口座開設するために本人確認をして、審査に落ちる場合ってあるのでしょうか。

まず、ほとんどの証券会社に共通する本人確認の審査基準には、「金融商品取引業者の役員や従業員」「日本国外に居住している」があり、該当していると本人確認の審査に落ちます。

そして、各証券会社独自の本人確認の審査基準として、「勤務先」「20歳以上70歳未満」「金融商品のリスクについて理解しているか」などがあり、場合によっては本人確認の審査に落ちます。

また、LINE証券(ライン証券) では本人確認の審査落ちの理由を開示できないと公式Webサイトに記載されていましたので、上記の基準を参考にしてください。

LINE証券(ライン証券) の本人確認の方法と時間を分かりやすく解説まとめ

LINE証券(ライン証券)の本人確認の方法について詳しく解説しました。

LINE証券(ライン証券) の本人確認はスマホで完結しますので簡単なのですが、いくつかつまづいてしまうポイントがあります。

本人確認に必要な書類を準備し、顔認証の際の撮影のコツをつかんでいれば、数分から翌営業日には株式投資を始められるでしょう。

ぜひ、LINE証券(ライン証券) でスマホ投資を始めてみてください。