ゼロからはじめる資産運用

資産運用をゼロからはじめる方へ情報を発信しています

ネオモバFXのスキャルピングを分かりやすく解説

【☆おすすめの資産運用サービス☆】

【1】PayPay証券の詳細ページはこちらから

【2】LINE証券の詳細ページはこちらから

【3】LINEスマート投資(ワンコイン投資)の詳細ページ

f:id:zero_requiem21:20210310110220j:plain

ネオモバFXはTポイントを使って少額から取り引きが始められることが特徴のFX取引所です。

また、ネット証券大手のSBIグループであることも人気の理由のひとつです。

そんなネオモバFXでスキャルピングができないだろうかとお考えの人も多いのではないでしょうか。

しかし、ネオモバFXはそもそもスキャルピングを禁止していないのでしょうか。

また仮に禁止していないとしても、その取引条件はスキャルピング向きといえるのでしょうか。

そこで今回はネオモバFXのスキャルピングについて分かりやすく解説していきます。

ネオモバFXのスキャルピングを分かりやすく解説

ネオモバFXはスキャルピングを禁止していない

ネオモバFXはスキャルピングをとくに禁止していません。

スキャルピングとは短期間に売買を繰り返して利益を積み重ねていく手法。

それゆえ取引所のシステムに過大な負荷がかかることも多いため、取引所によっては規約で禁止していることもあります。

しかし、ネオモバFXの規約上、とくにスキャルピングを禁止しているようなことはありません。

基本的にはネオモバFXでスキャルピングをしたからといって、それだけでペナルティを受けるような心配は不要です。

ネオモバFXはスキャルピング禁止ではないけれど規約違反となる可能性はある

ネオモバFXはスキャルピングを「明示的には」禁止していません。

しかし、状況によっては規約違反に該当する可能性もあります。

ネオモバFXの利用規約には、以下のような注文には取引制限を加える場合があるとの項目があるからです。

・「短時間に、頻繁に行われる注文および取引であって、他のお客さままたは当社のシステムもしくはカバー取引等に著しい悪影響を及ぼすと認められる注文」

「短時間に頻繁に行われる注文」

とはまさにスキャルピングが該当します。

それだけで違反とはならないものの、他の顧客やネオモバFXのシステムに悪影響を与える恐れがある場合は違反となると明記されています。

ただ、それがどういう状況なのかよく分からないという人もいるかもしれません。

これは要するに、あまりにも超高頻度または大規模なスキャルピングは禁止ということです。

たとえば、なんらかのシステムを使った秒単位でのスキャルピングなどはこの規約違反に該当するでしょう。

ただこれは逆に言えば、基本的に個人投資家がそれなりの資金で手動でスキャルピングをするぶんには問題ないとも解釈可能です。

ネオモバFXは基本的にはスキャルピングOKだけれども、あまりにも派手なスキャルピングは違反となることもあると考えておけばよいでしょう。

ネオモバFXでスキャルピングをするメリット①【取引コストの安さ】

ネオモバFXでスキャルピングをする大きなメリットはやはり取引コストの安さです。

スキャルピングは短期間になんども売買をする手法です。

そのため、都度発生する取引コストが損益に直結します。

その点、ネオモバFXは取引手数料無料、そして事実上の手数料ともいえるスプレッドもかなり狭い水準です。

これは明らかにスキャルピングにとって追い風といえるでしょう。

ただし、ネオモバFXは取引手数料無料ですが、それとは別に月額220円からのサービス利用料がかかります。 取り引きの有無にかかわらず、です。

そして、サービス利用料はその月の取引量に応じて段階的に上がっていきます。

もっとも、この「取引量」は国内株式取引の約定代金がベースであり、FXの取引量は含まれません。

スキャルピングをしたからといって、それでサービス利用料が跳ね上がるような心配は不要です。

ネオモバFXでスキャルピングするメリット②【Tポイントがつかえる】

ネオモバFXでスキャルピングをするもうひとつのメリットはTポイントが使えることです。

Tポイントといわば、言わずと知れたポイントサービスの雄。

そのTポイントを使ってFXができることがネオモバFXの大きな魅力のひとつです。

ネオモバFXのポイント交換率は1ポイント=1円。

そしてネオモバFXでは最大25倍のレバレッジが使えます。

したがって、Tポイントが1,000ポイントもあれば1,000ポイント×25倍=25,000円分の資金でスキャルピングが可能です。

これだけの資金があれば、わずかな値動きで利益を狙っていくスキャルピングでもある程度はまとまったリターンも期待できるでしょう。

ただし、ネオモバFXでは口座残高以上の損失を出してしまうリスクもゼロではありません。

その場合は、Tポイントで足りない損失は別途口座へ入金しなければなりません。

Tポイントが使えることでネオモバFXはノーリスクであるようなイメージを植え付けるような情報も少なくありません。

たしかにTポイントを使ってスキャルピングできることでリスクはある程度おされられます。

しかし、それでも決してノーリスクではないのでその点は勘違いしないようにしましょう。

ネオモバFXでスキャルピングするデメリット【従量制のスプレッドが不利】

ネオモバFXは全体的にスキャルピング向きではあります。

しかし、デメリットがないわけでもありません。

一例を挙げると、ネオモバFXのスプレッドが従量制であることはスキャルピングにとってはやや不利です。

スキャルピングはわずかな値動きで利益を狙っていく手法。

そのため、大きなリターンを狙うためには動かす資金を大きくする必要があります。

その際に適用されるスプレッドが広がるのは明らかにデメリットと言わざるを得ません。

たとえば、ネオモバFXのUSD/JPYのスプレッドは10,001通貨以上の場合0.3銭です。

これは10,001通貨×0.3銭=30円の手数料がかかる計算です。

たったの30円と思われるかも知れませんが、スキャルピングはいわば薄利多売の手法です。

小さなコストの積み重ねが最終的に大きな違いとなってきます。

基本的にネオモバFXはスキャルピング向きであることは変わりありません。

しかしそれでも、従量制のスプレッドはやはりひとつのデメリットと言わざるを得ないでしょう。

ネオモバFXのスキャルピングを分かりやすく解説 まとめ

ネオモバFXはスキャルピングを禁止していません。

また、ネオモバFXはその取引コストの安さやTポイントが使えることなどもスキャルピング向きといえます。

スプレッドが従量制であるという点をのぞけば、全体的にスキャルピングしやすい取引所といえるでしょう。

ただし、あまりにも派手なスキャルピングは利用規約違反になる可能性もゼロではありません。

規約違反になれば利益の取り消しはおろか、最悪の場合は口座凍結もありえます。

ネオモバFXでスキャルピングをするにしても、あまり大きなサイズでの取引や超高頻度なスキャルピングは控えておいたほうがよいかもしれません。